ガンのことを知ろう

いろいろな原因

冷えとガン

ガンは冷えが大好き!

「冷え性はガンになりやすい」「ガンは熱に弱い」というのを聞かれたことも多いはずです。
ガン細胞は熱に弱く、42度くらいの熱で死滅する。その性質を利用したハイパーサーミアなどの温熱療法も医療機関で行われています。また、ビワ温灸など伝統的な温熱療法も根強い人気があります。

日常的に「冷え性」を自覚している人が、必ずしもガンになるとは限らないようです。もちろん冷え性や低体温の方は、血行が悪かったり、免疫が活発でないということはありがちです。また、人間の内臓などの機能に欠かせない酵素は、体温が36.5度ないと元気に働いてくれません。このような人体の基本活動の観点からも、冷えは好ましくありません。

さらにガン細胞に関していえば、冷えはガンの味方になってしまいます。ガン細胞は正常細胞に比べ、より多くの熱を発しながら増えていきます。そのため、ガン細胞は冷えた環境が大好きです。冷えた環境でないと、発生させた熱を冷却できず死んでしまいます。

体の冷えた部分はガンになりやすい。ガンになった部分は冷えている。ということであれば、体を温めることはガンへの抵抗力を高め、ガンが育ちにくい体内環境をつくることになります。

◆自宅でできる手軽な温熱用具はこちら!

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ