ガンのことを知ろう

いろいろな原因

ガンと遺伝子

遺伝子は変えられる!

「ガンはどうしてできるのか?」で記したように、ガンは遺伝子が傷つき正常に機能しなくなることが発端です。遺伝子というと、「持って生まれた宿命」のようにイメージされる方も多いでしょう。しかしほとんどのガンの場合、生まれた後の毎日の生活を積み重ねる上で傷つくことが原因となります。加齢(老化)、過労、ストレス、化学物質、紫外線、ウイルス、タバコなどが遺伝子を異常にする悪者として知られています。

では、一度傷ついた遺伝子は異常になったままで変化しないのか?というと、そうでもないようです。後天的に悪くなった遺伝子・・・ということは、また別の後天的な要因で変化(良くなる)可能性があるのです。

以下は、2008年6月26日にNikkei Netいきいき健康に掲載された『生活習慣の改善が癌(がん)遺伝子を変える』というタイトルの記事からの抜粋です。(原文は2008年6月17日/HealthDay News)

「過去の疫学的研究から、植物性の低脂肪食を多く摂る地域では前立腺癌の発症率が有意に低いことがわかっていた。Ornish氏らはまず、食事と生活習慣を変えることによって、早期前立腺癌患者のPSA(前立腺特異抗原)が減少するかどうかを検討した。2005年9月、同氏らは生活習慣の改善により早期前立腺癌の男性のPSA値が4%低下したのに対して、対照群では6%増大したと報告した。

今回の研究は、この変化の背景にあるメカニズムを解明しようとデザインされたもの。被験者は早期前立腺癌と診断された男性30人で、大部分が白人であり(84%)、平均年齢は62.3歳、平均PSA値は4.8ng(ナノグラム)/ml(一般に、4.0ng/ml以下が正常とされる)、グリソン(Gleason)スコア(癌の重症度を示す別の指標)は平均6であった。いずれの被験者も外科手術、ホルモン療法ないし放射線療法を拒否しており、腫瘍は定期的に監視されていた。

生活改善はまず3日間の宿泊治療を行い、その後、毎週の電話相談および週1時間のグループサポート集会を実施。被験者には脂肪由来のカロリーを10%含む植物性食品主体の食事を摂るよう指導したほか、1日30分、週6日のウォーキング、1日60分のストレス管理を実施するよう指示。さらに、大豆製品、魚油3g、ビタミンE100単位、セレン200mg、ビタミンC 2gを毎日摂取させた。

3カ月後に採取した検体の遺伝子発現をベースライン(研究開始時)検体と比較した結果、500を超える遺伝子に好ましい変化がみられることが判明。「年齢が若く、疾患が軽度であるほど大きな改善がみられるようだが、遵守(adherence)状況による影響に比べれば年齢や重症度の影響は小さかった」とOrnish氏はいう。この知見から、健康のために生活習慣を改めるのに遅すぎることはないことが示されたといえる」

一部の専門家は、遺伝子の変化がガンのリスクの直結するかどうかは今後の検討課題であるとコメントしていますが、研究を率いた米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)予防医学研究所長のDean Ornish博士は「人はよく『遺伝子がすべて。自分にできることは何もない』などと言うが、実際にはできることがたくさんある」と述べています。

筑波大学名誉教授で遺伝子研究の第一人者 村上和夫さんは(著書はこちら)、人の遺伝子は97%眠っていて、スイッチのようにONにもOFFにもなると唱えています。遺伝子を変化させる要因としては、心の持ち方、食生活(栄養素)、ストレス(ストレスは悪作用ばかりではありません)、環境などを上げています。

つまり日常のシンプルなことで、人は変化できるのです!

◆生命科学の進歩によって、後天的に傷ついた遺伝子を検査できるようにもなりました。通常の検査では判らないレベル、段階でのガンのリスクが察知できます。このような検査を利用すれば、ガンの発生リスクだけでなく、現在受けている治療の効果、再発の危険性、生活習慣改善の効果などが遺伝子レベルで確認できます。

◆ガンの遺伝子治療はこちら!

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ