ガンのことを知ろう

検査法

CT検査

X線を使ったコンピュータ断層撮影法
正式名称はX線CT検査。X線検査が基本的に一方向の画像診断なのに対し、CT検査は人体を輪切りにしてコンピュータ処理した断面図を画像にします。CTはコンピュータ断層撮影法(Computed Tomography)の略。造影剤を使わない単純CT検査と造影剤を使って撮影する造影CT検査があります。
 
CT検査機は、X線を発射するX線管球とX線の量を測る検出器が向かい合って設置されています。この間に人体の測定する部位を入れて、360度一回転させながらX線を照射します。それぞれの角度から照射したX線の吸収度合いを検出器で測定し、コンピュータ処理して、吸収値を白黒の画像で1cm間隔で表示できます。
 
X線の吸収度合いによる画像の違いは、X線の吸収が多ければ白く、少なければ黒く映ります。たとえば、吸収の多い骨は白く、吸収の少ない空気は黒く、中くらいに吸収する水分や筋肉は灰色といった具合です。このような色(白~黒)の陰影から、ガンなどの異常を見つけ出す検査です。主に、肺ガンや肝臓ガンといった臓器の診断に有効です。
 

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ