ガンのことを知ろう

検査法

ヘリカルCT検査

体の断面をらせん状に撮影するCT検査
従来のCT検査を改良したものに、ヘリカルCT検査があります。ヘリカルというのは、「らせん状」という意味です。X線を発射するX線管球をヘリカル(らせん状)に回転させながら撮影する方法です。(別名スパイラルCT)
 
ヘリカルCT検査の特徴は、撮影時間が短く、必要な部位の三次元立体画像が得られることです。検査時間は3分~4分、その内15秒程度息を止めているだけで終了します。特に、肺ガンの早期発見に威力を発揮しています。単純X線検査ではわからなかった肺ガンの率は、ヘリカルCT検査で発見された肺ガンの6~8割という報告もあります。肺ガン検診は単純X線検査だけでは不十分で、ヘリカルCTを用いた胸部CT検査が最も有効とされています。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ