HOME > 情報を集める > ガンのことを知ろう > 検査法 > 超音波検査(エコー)

ガンのことを知ろう

検査法

超音波検査(エコー)

超音波の反射波で検査する

人体に外部から超音波を当てると、内臓などから反射波がはね返ってきます。その反射波(エコー)を測定し、映像化して診断するのが超音波検査です。
 
超音波検査はプローブ(深触子:超音波を発射し、かつ反射した超音波を受信する装置)を体に当てるだけで、モニターに映像が映る仕組みになっています。そのため簡単で患者さんの負担も少ないことから、ガンだけでなく使われる頻度の高い検査法です。
 
ガンの超音波検査は主に、甲状腺、肝臓、胆嚢、胆道、乳房、前立腺、膵臓、腎臓、子宮、卵巣などにスクリーニング的に実施されます。また、リンパ節、腹膜、肝臓などへ転移したガンを探るためにも用いられます。気体が多い肺や、超音波が貫通しない骨の検査には適しません。
 
なお、乳腺超音波検査はマンモグラフィ(乳房X線検査)と同等の診断ができます。安全性が高いので若い年代の乳ガン検診への期待も高まっています。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ