ガンのことを知ろう

検査法

内視鏡検査

内視鏡検査

スコープ(細い管)の先端に小型のビデオカメラ(CCDカメラ)を装備し、体内に挿入して臓器粘膜を撮影します。撮影された映像はモニターに映し出され、肉眼で粘膜の異常(炎症、ポリープ、ガンなど)を検査します。さらに、粘膜組織を染色したり、一部細胞を採取して検査(生検:バイオプシー)してガンかどうかを判定することもできます。

内視鏡検査は、胃内視鏡検査(通称 胃カメラ:咽頭・食道・胃・十二指腸)、大腸内視鏡検査、気管支内視鏡検査(肺)、膀胱鏡(膀胱内視鏡)が一般によく知られていますが、他にも脳、耳鼻咽喉、膵臓、胆道、子宮などのスコープ(内視鏡)もあります。

内視鏡は光学技術やエレクトロニクス技術を応用して進化してきました。現在は、スコープの挿入が難しい部位用に、カプセル内視鏡の開発も進められています。撮影素子が入った小型のカプセルを飲み込み、消化管を通過しながら撮影した画像を無線で送信するものです。小腸の検査などに期待されています。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ