ガンのことを知ろう

検査法

病理検査

細胞や組織を採取してガンを検査する

ガンであるかどうかを確定するために行われる検査。患者さんの病巣と疑われる部位から組織、細胞、分泌液を採取して顕微鏡で調べます。ガンの存在、悪性度、進行度などを判別します。

病理検査には、細胞診検査と組織診検査(生検=バイオプシー)があります。現在の病理検査の主流は組織診検査です。

細胞診検査では、個々の細胞を調べて一つでもガンと断定できる細胞が見つかるとガンとして確定します。陰性、疑陽性、陽性に分類して治療が必要かどうかの判断材料にします。

代表的な細胞診検査は、痰の中に混じった細胞、子宮頸部粘膜の細胞などを調べ肺ガンや子宮頸ガンの診断に用います。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ