ガンのことを知ろう

検査法

マンモグラフィー

乳ガン早期発見のための代表選手!

マンモグラフィーは代表的な乳ガンの画像検査です。乳房を板で挟んでX線撮影します。挟まれた乳房が4~5cm程の厚さになるよう圧迫するので痛みを伴うこともあります。上下方向から各1枚、左右から各1枚の計4枚撮影します。左右圧迫するのは、X線被爆を少なくするためです。

マンモグラフィーでは触診ではわからない微小なガンを発見できることもあります。しこりになっていない乳ガンでも白い影(腫瘤影)や石灰の影(微細石灰化)というようにマンモグラフィーは写し出してくれます。悪性・良性問わず腫瘍を見つけることができます。疑いがあると、生検で組織検査をし乳ガンかどうかを確定します。

自治体によっては、45~50歳以上の女性に対して、年1回のマンモグラフィー検診を実施しているところもあります。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ