ガンのことを知ろう

検査法

免疫機能検査

ガン患者さんの免疫機能の状態を把握できる検査

免疫機能検査は血液検査と尿検査だけの、身体に負担がかからない総合健康診断(血液ドック)で受けることができます。

通常の血液検査よりも精密な検査(約200項目)によって、現在の身体の状況(ガンに対抗する免疫の働き具合)、および将来かかるかもしれない病気についての判断指標にもなります。早期発見や予防医学の観点からも大変意義のある健康診断です。また免疫リンパ球療法を行うためには必須の検査でもあります。

特に血液検査は、「数」と「質」についても検討し、ガンのチェックや免疫機能検査に力を注いでいます。免疫機能とは、あらゆる病原体を攻撃し、退治する機能のことを言いますが、その機能が多すぎたり、少なすぎたりすると病気にかかりやすくなります。

中でも、血液中の白血球の活性度を綿密に調べることで、ご自身の免疫機能についてより詳細なデータが得られます。そのことにより、生活習慣の見直しをはじめ、病気に対する心構え、また病気にならない、させない工夫を今から始められます。

継続して検査を受ければ、現在行っている治療、ご自身で取り組んでいる療法が、実際免疫機能にどう反映されているかが一目瞭然です。効率の良い有効な療法選びの目安になります。また、再発等予防の面から、自分の免疫の働き具合をチェックしておけば安心です。

通常の人間ドックで行われる血液検査は、数項目に過ぎず、詳細を分析するには不十分です。血液・尿検査のみでの検査ですので、検査による身体への負担がほとんどないこともこの検査のメリットです。

免疫機能検査:免疫の中心であるリンパ球のバランスや抗体生産能力検査をします。また、免疫の強さ(病気やけがに対する抵抗力)を下記の観点から検査します。

◎体液性免疫:抗体を作る能力
◎細胞性免疫:特にガンと深く関係するT細胞・NK細胞
◎免疫機能バランス

◆ガン免疫検査に関する詳細情報はこちら!

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ