ガンのことを知ろう

胃ガン

胃ガン

日本人に多かった胃ガン

かつて日本人のガンといえば、「胃ガン」というほどポピュラーなガンである。しかし、最近は胃ガンによる死亡数は減少している。早期発見率が上がり生存率、治癒率ともに高くなってきている。しかしながら、約半分の胃ガンは進行ガンである。

胃ガンの発生する危険は次のような要因で高まる。

◆ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)感染
◆萎縮性胃炎
◆塩分の高い食事
◆野菜の少ない食事
◆タバコ

*ヘリコバクター・ピロリ(以下ピロリ菌)は、二人に一人の割合で持っているといわれている。通常、酸の強い胃で菌は生きられないとされているが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素で胃の中の尿素からアンモニアをつくり、酸を中和して生息する。ピロリ菌が胃の粘膜を傷つけるメカニズムははっきりわかっていない。おそらく、ピロリ菌の出す毒素、アンモニア、ピロリ菌を退治するために集まる好中球(白血球の一種)の出す活性酸素、などの複合作用だろうと推測されている。

*塩分そのものに発ガン性はないが、濃い塩分が胃の粘膜の細胞を傷つけたところに、発ガン物質が関与してガンになると考えられる。冷蔵庫がなかった頃から、日本では食べ物の保存方法として伝統的に塩漬けという方法が用いられてきた。そのような食生活と胃ガンの多発は大きく関わっているようだ。

*同様に胃の粘膜を刺激し傷つけるような飲食物(たとえばアルコール度の高いお酒など)も、塩分と同じようなガン化を促す要因になると考えられる。

*萎縮性胃炎=胃粘膜の高度の萎縮を伴う慢性胃炎。慢性胃炎の大部分を占めている。萎縮はピロリ菌による感染で起こり、胃ガン発生の下地となるが、除菌治療をすれば改善すると考えられている。萎縮歳胃炎では粘膜が薄くなって血管が透けてみえるようになり、胃酸の分泌がかなり低下する。高齢になるほど増えてくる。一部の自治体では胃ガン患者を絞り込むために、萎縮性胃炎のスクリーニング検査として、血清ペプシノーゲン検査を行っている。(国立がんセンター資料より)

【胃ガンの症状】
胃ガン発生初期や早期胃ガンは、ほとんど自覚できる症状がない。
症状の出始めは、みぞおちの不快感、吐き気、痛みなどである。進行するにつれて食欲不振、出血などがみられる。ひどいと胃の壁に穴があき、出血過多で貧血や腹膜炎をおこす。

胃の上部(食道に近い部位、噴門側)にガンがあると、食物が通過しにくくなる(通過障害)。つかえた感じや胸やけがおこる。

胃の下部(十二指腸に近い部位、幽門側)にガンがあると、食物が腸に送られるのが妨げられる。胃のもたれ感、腹部膨満感が発生する。

【胃ガンの検査】
胃X線検査(バリウム検査)、胃カメラ(胃内視鏡検査)、CT検査、超音波検査、注腸検査、病理検査など

【早期胃ガン】
ガンは病期(進行度、ステージ)によって標準的な治療方法がある。胃ガンの場合、ガンが胃の壁のどのくらい深いところまで達しているか(深達度=T)、リンパ節への転移の程度(N)、腹膜、肝臓、他の臓器への転移(M)によって病期が決まる。

胃の壁は、胃の内側(飲食物が接する)から、
粘膜層→粘膜下層→固有筋層→漿膜下層→漿膜 という構造になっている。

早期胃ガンは、ガンが粘膜層もしくは粘膜下層までにある段階である。そのうち10%くらいは胃に隣接したリンパ節に転移がある。

【早期胃ガンの治療】
手術で切除するのが標準的である。国立がんセンターによれば、早期胃ガンの5年生存率は90%以上である。

粘膜層にとどまるガンで、分化型なら内視鏡的粘膜切除術(EMR)が適用される。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)は、口から内視鏡を入れて、モニターを見ながら胃ガンを切除する方法である。お腹を切らなくて済むので、身体への負担が少なく、治療後の食生活にもほとんど影響しないので、患者さんの生活の質(QOL)を維持することができる。対象はあくまで粘膜層にとどまっている胃ガンで、リンパ節に転移する可能性が0%に近い場合である。

EMRで難しい胃ガンは、腹腔鏡手術や開腹手術となる。腹腔鏡手術は腹部に0.5~1cm程の穴を5~6箇所空け、腹腔内に炭酸ガスを入れてお腹を膨らませる。これによって内部が見やすくなり、手術がしやすくなる。専用の管を通して腹腔鏡(カメラ)を挿入し、モニターを見ながら胃ガンを切除する。切除したガンは、お腹を4~5cmほど切って取り出す。傷か小さいので身体的負担が少なく、早ければ1週間くらいで退院も可能である。

*分化型ガン
本来の細胞に近い。細胞の並びや形状が本来の細胞(胃や腸の細胞)のなごりを残している。成熟しているので増殖が低いとされている。

*未分化型ガン(低分化型ガン)
本来の細胞の並びや形状のなごりが少ない。分化度が低いということは、まだ分化する余力があるので、進行、転移のリスクが高い。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ