HOME > 情報を集める > ガンのことを知ろう > 大腸ガン > 大腸ガン(進行大腸ガン、再発・転移大腸ガン)

ガンのことを知ろう

大腸ガン

大腸ガン(進行大腸ガン、再発・転移大腸ガン)

病状の進行した大腸ガン

【大腸ガンが進行したときの症状】

大腸のガンが進行し大きくなると、お腹のしこり、出血に伴う貧血症状(めまい、ふらつき)、体重の減少などが見られる。さらにガンが大きくなると、腸閉塞を起こし痛み、吐き気、嘔吐で患者さんは苦しいおもいをする。緊急に腸閉塞の治療を要する。

【大腸ガンの転移】

大腸ガンの転移には、血行性転移、リンパ節転移、腹腔内転移、がある。

●血行性転移
ガン細胞が血管をすり抜け、血液の流れに乗って他の臓器に達し増殖する。大腸の場合は門脈(もんみゃく)を介した肝臓転移が多い。他には肺、脳へよく転移する。

●リンパ節転移
ガンが粘膜層から徐々に進行すると、大腸周囲のリンパ節に転移する。

●腹腔内転移
ガンが大腸の壁を突き破って腹膜に散らばると腹膜播種(ふくまくはしゅ)となる。さらに骨盤の中にある膀胱や生殖器などに転移することもある。腹膜にガンが出ると、腹水が発現しやすい。

【進行大腸ガン、再発大腸ガンの治療】

大腸ガンは進行していても再発でも、手術が第一選択になるケースが多い。手術で切除できない場合は、抗ガン剤治療になる。患者さんの体力や、肝臓、肺、脳への転移の具合、腹水の有無などから手術が適用か否か判断される。
 


*参照記事
◆大腸ガン克服体験者との対談 
塩崎清さん

安東廣子さん

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ