ガンのことを知ろう

胆管・胆嚢ガン

胆嚢ガン(胆道ガン)

転移しやすい胆嚢ガン
胆道は、肝臓でつくられる胆汁をためておく胆嚢(たんのう)と、胆汁の輸送管である胆管(たんかん)に分けられる。胆嚢にできたガンを胆嚢ガン、肝臓外の胆管(肝外胆管)にできたガンを胆管ガンといい、両者を総称して胆道ガンと呼ぶ。さらに、胆管が膵管と合流して十二指腸につながる出口付近の乳頭部にできたガンを、乳頭部ガン、または十二指腸乳頭部ガンと呼ぶ。(乳頭部ガンは胆道ガンでなく、消化器のガンの分類に含まれることもある)

【胆嚢ガン】

胆嚢ガンは、症状が出にくいので発見が遅れがちである。また、胆嚢ガンは転移しやすい特徴がある。胆嚢という臓器は壁が薄い(約3mm)ので、ガン細胞が容易に胆嚢の外に出てしまう。

【胆嚢ガンの危険が高い人】

胆石(胆嚢、胆管とも)のある人、先天性胆管拡張症、膵胆管合流異常、腺腫(せんしゅ=良性腫瘍)のある人。

【胆嚢ガンの症状】

胆嚢ガンは、早期に症状は出にくい。胆嚢ガンが進行すると、右の脇腹の痛み・しこり、お腹の上部の痛み。さらに進行してガンが胆管を塞ぐと、黄疸、下痢があらわれる。また、胆嚢ガンの進行にともなって、胆嚢炎、胆管炎が起きると発熱や消化管の出血による貧血になることもある。

【胆嚢ガンの検査】

腹部超音波検査(エコー)、CT検査、MRI検査など。腫瘍マーカー検査は、CA19-9、CEAなど。

【胆嚢ガンの病期】

胆嚢ガンの病期(進行度、ステージ)はⅠ期~Ⅳ期に分類されている。粘膜層にとどまる超早期ガンなら、手術によって5年生存率はほぼ100%である。ガンが胆嚢の壁深く進むにつれて、病期は進行する。

【胆嚢ガンの治療】

手術(腹腔鏡手術を含む)が第一選択である。手術ができない胆嚢ガンには、抗ガン剤も試みられるがあまり効果は得られていない。放射線は胆嚢ガンそのものを治療するより、痛みや胆管の閉塞を改善する目的で使われることがある。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ