ガンのことを知ろう

胆管・胆嚢ガン

胆管ガン(胆道ガン)

周辺に拡がりやすい胆管ガン
胆道は、肝臓でつくられる胆汁をためておく胆嚢(たんのう)と、胆汁の輸送管である胆管(たんかん)に分けられる。胆嚢にできたガンを胆嚢ガン、肝臓外の胆管(肝外胆管)にできたガンを胆管ガンといい、両者を総称して胆道ガンと呼ぶ。さらに、胆管が膵管と合流して十二指腸につながる出口付近の乳頭部にできたガンを、乳頭部ガン、または十二指腸乳頭部ガンと呼ぶ。(乳頭部ガンは胆道ガンでなく、消化器のガンの分類に含まれることもある)

【胆管ガン】

胆管ガンは、肝臓に近い部分から順に、肝管ガン、上部胆管ガン、中部胆管ガン、下部胆管ガンに分類される。さらに、左右の肝管合流部に発生したガンを肝門部胆管ガン、下部胆管ガンのうち、膵管と合流し十二指腸につながる出口付近にできたガンを乳頭部ガン(十二指腸乳頭部ガン)という。

胆管は直径が数mmととても細いので、胆管ガンは発生から早い段階で周辺の臓器に広がりやすい。

【胆管ガンの危険が高い人】

胆石(胆嚢、胆管とも)のある人、先天性胆管拡張症、膵胆管合流異常、中年世代の女性。

【胆管ガンの症状】

胆管ガンは、早い段階ではほとんど症状が出ない。胆管は肝臓でつくられた胆汁が流れる管である。胆管は非常に細いので、ガンが容易に塞いでしまう。胆管ガンが進むと、胆管を流れることができなくなった胆汁が刺激する部位で症状がでる。黄疸、白色便、黄疸尿、皮膚のかゆみ。胆汁が十二指腸に送られなくなるために、下痢になることもある。

*黄疸(おうだん)
肝臓でつくられる胆汁が、胆管が詰まることなどで行き場を失うと、肝臓内の血管に入ってしまう。胆汁のビリルビンという成分は色素なので、血液中に胆汁が入ると、皮膚、白目(眼球粘膜)、口の中の粘膜が黄色くなる。これが黄疸である。

【胆管ガンの検査】

生化学検査(血液検査 とくにアルカリフォスファターゼ、γ-GTP)、腹部超音波検査(エコー)、CT検査、MRI検査、PTC検査(経皮経肝的胆道造影法)、ERCP検査(内視鏡的逆行性膵胆管造影法)など。

【胆管ガンの治療】

手術。手術ができない場合はステント療法が注目されている。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ