ガンのことを知ろう

陰茎・精巣ガン

陰茎ガン

陰茎ガンは男性のガンの1%以下
陰茎ガンの発生率は低く、男性のガンの1%以下である。陰茎ガンの発生する部位は、ほとんどが亀頭とその後ろの冠状溝である。陰茎ガンは、包茎の人、60~70代の年齢の人に発生しやすい。最近では、ヒトパピローマウイルスとの関連も示唆されているが、まだ定かではない。

【陰茎ガンの症状】

一般的に陰茎ガンは、痛みを伴わない。陰茎の皮膚からガンが発生し、陰茎ガンが進行すると海綿体や尿道に浸潤し、排尿障害、潰瘍、ガンの崩れによる出血がみられることもある。

陰茎ガンは鼠径(そけい=太ももの付け根)リンパ節に転移しやすい。鼠径部のしこり、リンパの流れが悪くなることによる足のむくみ(浮腫)が起こることもある。

【陰茎ガンの検査】

陰茎ガンは、通常は肉眼で異常がわかるのですぐ受診すること。確定診断は組織を採って顕微鏡で確認する(生検)。

【陰茎ガンの病期】

Ⅰ期
ガンが亀頭部のみ、あるいは陰茎の皮膚に限られている

Ⅱ期
ガンが亀頭部を越えて陰茎に広がっているが、転移がないもの

Ⅲ期
鼠径部(太ももの付け根)のリンパ節に転移しているもの

Ⅳ期
陰茎ガンが鼠径部を越えて骨盤内のリンパ節、あるいは他の臓器に転移しているもの

【陰茎ガンの標準的治療】

手術(Ⅰ~Ⅲ期が対象)、放射線(初期)、抗ガン剤
 

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ