ガンのことを知ろう

腎臓・副腎ガン

腎臓ガン

血液の老廃物をろ過する腎臓に発生するガン

腎臓は、背中側の腰のくびれ(ウエスト)のあたり、背骨の両側に左右に対になってある。腎臓の役目は、血液中の老廃物をろ過して、水分とともに尿として排泄することである。腎臓は尿をつくる「腎実質」と、尿管に繋がる尿の出口である「腎盂(じんう)」に分けられる。腎実質の細胞が悪性化してガンになったものを、一般的に腎臓ガン(腎ガン、腎細胞ガン、腎腺ガン)と呼ぶ。腎臓・腎盂・尿管にできるガンのうち、腎実質にできる腎臓ガンが、約90%を占める。

【腎臓ガンの危険が高い人】

年代では50歳~70歳代に多く腎臓ガンは発生している。さらに下記のような人は、腎臓ガンにかかりやすいとされている。
▲タバコ
▲肥満
▲脂肪分の多い食生活
▲一部の発ガン化学物質や薬剤(利尿剤、フェナセチン系鎮痛剤)
▲フォン・ヒッペル・リンドウ病(VHL病)
▲長期透析患者

【腎臓ガンの症状】

腎臓ガンは、ガン細胞の直径が5cmより小さい場合はほとんど症状がみられない。腎臓ガンの代表的な症状は、血尿、痛み(背中やわき腹)、わき腹の腫瘤(しゅりゅうーこぶのような腫れ)である。腎臓ガンで最初にあらわれる頻度が高い症状は、血尿である。腎臓ガンが進行すると、全身症状として発熱、貧血、体重減少などがおこる。また腎臓ガンは骨や肺に転移しやすいので、転移先での症状=腰痛、咳、息切れ=などから発見される場合もある。

このほか腎臓は、身体機能を調節するホルモンをつくり出す臓器なので、高血圧、高カルシウム血症がおこることもある。陰嚢の静脈が浮き上がる精巣静脈瘤が腎臓ガンによっておこることもある。

【腎臓ガンの転移】

腎臓ガンは比較的早い段階で転移するケースもある。骨や肺への転移が多い。

【腎臓ガンの検査】

腎臓ガンのスクリーニング検査としては、超音波検査が手軽で有用である。腎臓ガンの診断を確定するには、CT検査、MRI検査を用い、リンパ節への転移の有無、周辺臓器への浸潤具合などを調べる。

【腎臓ガンの病期】

腎臓ガンの病期(ステージ)は次のように分類される。

pT 原発腫瘍
 pTX 原発腫瘍の評価が不可能
pT0 原発腫瘍を認めない
pT1 最大径が7.0cm以下で、腎に限局する腫瘍
pT1a 最大径が4.0cm以下で、腎に限局する腫瘍
pT1b 最大径が4.0cmを越えるが7.0cm以下で、腎に限局する腫瘍
pT2 最大径が7.0cmを越え、腎に限局する腫瘍
pT3 腫瘍は主静脈内に進展、または副腎に浸潤、または腎周囲脂肪組織に浸潤するが、Gerota筋膜を越えない
pT3a 腫瘍は副腎または腎周囲脂肪組織または腎洞脂肪組織に浸潤するが、Gerota筋膜を越えない
pT3b 腫瘍は腎静脈または横隔膜下までの下大静脈内に進展する
pT3c 腫瘍は横隔膜を越える下大静脈内に進展する
pT4 腫瘍はGerota筋膜を越えて浸潤する

pN 所属リンパ節
pNX 所属リンパ節の評価が不可能
pN0 所属リンパ節転移なし
pN1 1個の所属リンパ節転移
pN2 2個以上の所属リンパ節転移

pM 遠隔転移
pMX 遠隔転移があるかどうか評価不能
pM0 遠隔転移なし
pM1 遠隔転移あり

「腎癌取扱い規約 第3版」 日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会/編 1999年金原出版 より

【腎臓ガンの治療】

腎臓ガン治療の原則は、どのステージの腎臓ガンに対しても手術(外科的治療)が優先される。腎臓の全部、あるいは一部分を手術で切除する。径4cmまでの腎臓ガンは手術での治療成績が良い。転移ガンや進行ガンには、免疫療法を併用することで治癒したり、進行を抑えることができる腎臓ガンもある。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ