ガンのことを知ろう

骨・軟部組織のガン

軟骨肉腫(原発性骨腫瘍)

比較的ゆっくり大きくなる骨のガン

軟骨肉腫は骨肉腫に次いで多い原発性骨腫瘍です。30歳以降の中高年が罹りやすい。原因は不明で、軟骨をつくる細胞がガン化します。悪性度はまちまちですが、腫瘍が大きくなる速度は比較的ゆっくりで、転移は少ない肉腫です。大腿骨、上腕骨、骨盤、肋骨などが好発部位です。


【症状】

初期はあまり痛みを自覚しません。ゆっくり大きくなうので、痛みを感じた時は比較的大きな瘤のようになっているケースがあります。


【検査診断】

X線写真、CT、MRI、シンチグラフィーなど。血液検査ではアルカリフォスファターゼ(骨が新しくつくられたり壊されたりするときに骨から血液中に出る酵素)や各種腫瘍マーカーのチェック。(原発性骨腫瘍特有の腫瘍マーカーはない) 病理検査。 (ガンの検査一覧はこちら)


【治療】

手術。抗ガン剤や放射線はあまり効果がありません。


原発性骨腫瘍には他に骨肉腫ユーイング肉腫、悪性線維性組織球腫(MFH)、線維肉腫、血管肉腫、脊索腫(せきさくしゅ)、アダマンチノーマなどがあります。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ