ガンのことを知ろう

おすすめの本

シリーズ人体 遺伝子

NHKスペシャル「人体」取材班 講談社
まずは、遺伝子の基本情報から。

【DNA(デオキシリボ核酸)】
細胞ひとつひとつの核の中にある遺伝情報を担う物質。4つの塩基(A:アデニン、G:グアニン、C:シトシン、T:チミン)が30億ほど並んでいて、2重らせん構造になっている。

【ゲノム】
上記の4塩基の配列が暗号のようにさまざまな意味を持っている。これら全てのDNA情報を「ゲノム」と呼ぶ。

【遺伝子】
ゲノム(全DNA情報)の一部で、体の中で必要ないろいろなタンパク質に変換される~内臓や器官、血液、ホルモン、酵素など~いわば「設計図」の情報がある部分。DNA全体のおよそ2%といわれている。


従来の遺伝子研究は、最も重要と考えられる2%の遺伝子にフォーカスされてきました。残り98%のDNAは何の働きもない「ジャンクDNA」と呼ばれ、ゴミ扱いされてきました。ところが、98%のDNAが遺伝子の働き(読み取りの頻度)をコントロールし、個人差、能力、病気の罹りやすさ、環境適応に関与していることがわかってきました。

さらに、遺伝子自体も「持っているかどうか」ではなく、「働いているかどうか」が重要であり、その働きは後天的に変化する(エピジェネティクス=後成遺伝学)のです。私たちの体が生活習慣やストレスなどの環境に適応するのは、DNAのスイッチ(ON~少しON~OFF)が切り替わっているからです。DNAは“主人”である私たちが日々どんな環境で生きているかを敏感に察知して、それに合うように遺伝子の働きを柔軟にすばやく変化させています。

具体的な研究事例が紹介されています(一部)
・コーヒーが健康によい人と悪い人
・タバコによる肺の病気のリスクの個人差
・DNAの変異で驚異の潜水能力を持つ人々
・がん抑制遺伝子のスイッチをOFFにしてしまう仕組み
・がん抑制遺伝子と生活習慣
・NASAの宇宙兄弟によるDNAスイッチ比較


この本を読むと、人は、いや生命は、生存のための尊いプログラムを持っていることがわかります。生きるため環境に適応する仕組み(DNAスイッチ)が、先天的運命や外部支配でなく、なんと自らの生き方で作動するのです。(しかも未だに解明されていないDNAスイッチの方が多いので、可能性は無限大なのです)

現在ガンを患っている方が、たとえどのような診断を受けていても、「治る人」に変われる“科学的希望”を持つことができるでしょう。











◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!


◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ