ガンのことを知ろう

食道ガン

食道ガン

主要内臓ではないが厄介な食道ガン

食道は口の奥から胃につながる約25cmの細い管で、頸部(けいぶ)食道、胸部上中部食道、胸部下部・腹部食道に分けられる。食道ガンは、食道の内側の粘膜上皮にできる。食道の粘膜は扁平上皮なので、組織的には扁平上皮ガンが圧倒的に多い。ただし、食道下部の胃に近い部分は腺上皮でできている。この部位にガンが発生すると、腺ガンの食道ガンとなる。

【食道ガンの危険が高い人】
女性より男性のほうがなりやすく、60代~70代が好発年齢である。次のような人は食道ガンになりやすい。

・タバコを吸う
・飲酒
・頭頸部ガンの経験者
・熱い物や辛い物(食道粘膜を刺激する)をよく摂る

とくにヘビースモーカーで飲酒量の多い人は危険度が高まる。

【食道ガンの症状】
●早期では自覚症状のないことも多い

●初期症状
・物を飲み込む時(嚥下時)に食道(胸のあたり)がヒリヒリする
・胸の中央あたりがしみる

●進行すると
・食べ物(固形物)を飲み込む時のつかえ感、痛み(嚥下障害)
・飲食物の逆流でむせる
・飲食物を飲み下せない(嚥下困難)
・咳、呼吸困難、声のかすれ
・体重の減少
・胸や背中の痛み

【食道ガンの検査】
X線造影検査、内視鏡検査、CT検査、MRI検査、超音波検査、超音波内視鏡検査などで診断する。
食道ガンの腫瘍マーカーは、扁平上皮癌ではSCC(扁平上皮癌関連抗原)とCEA(癌胎児性抗原)。腺癌ではCEA(癌胎児性抗原)を使う。

【食道ガンの病期】
日本食道学会の「食道癌取扱い規約」に基づいて分類される。
食道壁の深達度(T)、リンパ節転移(N)、他の臓器への転移の有無(N)を基準にする。

0期:ガンが食道粘膜にとどまっており、リンパ節、他の臓器、胸膜、腹膜に転移がない。いわゆる早期食道ガン、初期食道ガンである。

I期:ガンが粘膜にとどまっているが近くのリンパ節に転移があるものか、粘膜下層まで浸潤しているがリンパ節や他の臓器さらに胸膜・腹膜に転移がない。

II期:ガンが筋層を越えて食道の壁の外にわずかに出ている場合、
あるいは食道のガン病巣の近くに位置するリンパ節のみにガンがある場合で、臓器や胸膜・腹膜に転移がない。

III期:ガンが明らかに食道の外に出ている場合で、食道壁にそっているリンパ節か、あるいは食道のガンから少し離れたリンパ節にガンがある場合で、他の臓器や胸膜・腹膜に転移がない。

IV期:ガンが食道周囲の臓器におよんでいるか、遠隔リンパ節に転移がある場合、あるいは他の臓器や胸膜・腹膜に転移がある場合。

【食道ガンの治療】 
食道ガンは「最も厄介で辛い手術を必要とするガン」といわれている。
そのため近年は、内視鏡的粘膜切除、化学放射線療法(抗ガン剤+放射線)、放射線療法が選択される傾向にある。

*参考記事
◆食道ガンを手術せずに10年延命している関根進さんの著書
『ガンを切らずに10年延命」


◆関根進さんとの対談はこちら!

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ