HOME > 情報を集める > ガンのことを知ろう > 肺ガン > 肺ガンとタバコに関与する遺伝子

ガンのことを知ろう

肺ガン

肺ガンとタバコに関与する遺伝子

喫煙していても肺ガンになる人とならない人の差は?

タバコ依存症や喫煙による肺ガン発症リスクに関与するCHRNAという遺伝子が発見されています。

人は父親と母親から2本染色体を受け継ぎます。(相同染色体) 2本の染色体のうちCHRNAという遺伝子の1本にでも変異があると肺ガンにかかる率が30%高まります。2本とも変異があると、なんと70%も高くなります。

CHRNAという遺伝子が作るCHRNAタンパクを肺の細胞が持っていると、タバコに含まれるニコチンに反応して活性化し、肺の細胞が異常な増殖を起こしガン化するというメカニズムのようです。

さらにCHRNA遺伝子に変異がある人は、ニコチン依存症に陥りやすくヘビースモーカーになりやすい。要するにCHRNA遺伝子変異は、タバコをやめにくく、肺ガン発症リスクが高くなるのです。

出典
「進化から見た病気」 
「サイエンティフィックアメリカンニュース」
「Nature」

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ