HOME > 資料請求 > 副作用対策 > 抗ガン剤・放射線・・・副作用を少なく・・・体力

資料請求

副作用対策

資料ナンバー4
抗ガン剤・放射線・・・副作用を少なく・・・体力
抗ガン剤治療・ガン放射線治療を受ける場合、最も心配なのはその副作用! 治療を効果的にするためにも、体への負担を軽減しておきたいものですね。

食欲不振、骨髄抑制(白血球減少、血小板減少、貧血など)、肝臓や腎臓への負担・・・

副作用があると治療も十分できませんし、闘病への気力・体力も低下してしまいます。もし抗ガン剤や放射線でダメージが大きいと、ある治療が効果なく、次の治療を行おうとしても、できない場合があります。体に負担の少ない免疫療法や遺伝子療法などでも、長期に抗ガン剤を使用した患者さんには、効果がでにくい傾向があるようです。

それでも、抗ガン剤・放射線を選択せざるを得ないなら、しっかり対策をしておきましょう。

漢方系、栄養素系の中で医療機関や医師の臨床がある資料をお届けします。


資料請求はこちら
ページトップへ