HOME > 資料請求 > ガン種別 > 肝臓ガン対策

資料請求

ガン種別

資料ナンバー11
肝臓ガン対策

治療も難しく、つらい症状も伴いやすい肝臓ガン。ご家族もたいせつな人の苦しい姿を見たくないですよね。こんな対策もあります。

肝臓ガンは発見されたときは進行していることが多く、治療の効果がでにくいガンとされています。肝臓ガンは痛みや腹水も伴うことが多く、患者さんご本人もご家族もつらいですね。

また肝臓は他の部位からガンが転移するケースも多いです。(転移性肝臓ガン) どの臓器も人体にとっては重要ではありますが、こと肝臓にいたっては「人体の化学工場」と呼ばれ、“代謝”の中心臓器です。人体の必要物質を合成し、有害物質を解毒するという役割が損なわれると、人体の生命活動を脅かすことになります。

ゆえに、肝臓にあるガンを治療することと並行して、肝臓の細胞の活性を落とさないことが、結局は治癒への道となります。
ところが肝臓にガンがあるがため、肝臓の細胞を傷めつけるような治療ばかりを行うと、繰り返しボディーブローを喰らうように消耗していきます。肝臓の細胞がヘトヘトになってしまうと、快復力が低下してしまいます。

【肝臓ガンに関する資料】は、肝臓に対するガン療法だけでなく、肝臓本来の機能を保持するノウハウをカバーした内容になっています。



資料請求はこちら
ページトップへ