ガン患者さんのご家族や親しい方へ

サポートの必要性

サポート・リーダーが要ります!

患者さんの身近な方で誰かリーダーになってください!

家族や親しい友人が見守ってくれていても、ガン患者さんを孤独感は襲います。治療が功を奏し、順調に回復している時はまだしも、病状悪化、検査の結果がおもわしくない、体調がすぐれない、治療の副作用でつらい・・・となれば、不安や焦りは増します。

普段気丈にしていても、そんな時は気弱になったり、気力低下、なかには鬱気味になることもあるでしょう。思考や行動が停止して、治療や自助療法に取り組む意欲も落ちてしまいます。

そこで重要な役割を担うのが、ご家族、お身内、親しい方です。もちろん主治医や医療従事者との良好な関係も必要ですが、どうしても医者と患者的な位置づけになってしまい、一人の人間として接することが希薄になりがちです。患者さんの人生に関わってきた人ならではの安心感は、患者さんの心を潤してくれます。

そういった患者さんのサポーターの中で、お一人リーダーがいてくれるとさらに心強いです。もちろん看病や身の回りの世話は何人かで手分けしていいのです。リーダーはいわば司令塔兼マネージャーです。医療機関や治療・療法など各種情報の収集、セミナー・勉強会・患者会などへの参加、セカンドオピニオン手配、補助療法(食事や温熱など自分たちで行なう自助療法)の実践など。患者さんが自ら積極的な場合は、補佐するマネージャー的存在でいいでしょう。患者さんがあまり積極的でなく受身なタイプであるなら、司令塔になってください。

患者さん本人、周囲の方々、医療関係者などとコミュニケーションを取りながら、歩むべき方向性を模索し見極めていく。そして行動、実践していく。サポート・リーダーの役目は重要です。






ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ