HOME > 情報を集める > ガン患者さんのご家族や親しい方へ > サポートの必要性 > ガン患者さんのサポートに関する報道トピックス

ガン患者さんのご家族や親しい方へ

サポートの必要性

ガン患者さんのサポートに関する報道トピックス

医師との見解の不一致が癌(ガン)患者の死亡リスクを高める
(nikkei net 2007/06/14)

 進行癌(ガン)の患者が自身の身体状態や栄養状態について担当医と異なる見解をもっている場合、死亡リスクが高くなることが米オレゴン健康科学大学癌研究所のIan Schnadig博士らによる研究で示され、シカゴで開催された米国癌治療学会(ASCO)年次集会で発表された。

今回の研究では、患者のPS(performance status; 患者の全身的な健康状態や日常の動作を行う能力を示す指標)の評価が医師と一致しない場合、死亡リスクが11%増大し、栄養状態の評価が一致しない場合は38%増大することが判明したという。評価が一致すれば生存期間が延びるというものではないが、コミュニケーションの欠如が予後の悪化をもたらしていると考えられると専門家は指摘している。

この研究にあたって、同大学のチームは進行大腸(結腸)直腸ガンおよび肺ガン患者1,636人の協力を得て、7年間の追跡を実施した。医師および患者がそれぞれ、2種類のPS評価と1種類の栄養状態評価を行った結果、それぞれ56.6%、67.1%、58%と、いずれも半数以上の患者が医師と異なる評価をしていることがわかった。

全体として、医師の方が患者よりも高い評価をつける傾向があった。このほか、特に定年前に働くことができなくなった患者では、仕事に関する評価について医師との不一致が生じやすいこともわかった。学歴が高卒未満の人は大学以上の学歴をもつ人よりも医師との不一致が多くみられたほか、頻繁にうつ状態を訴える人も不一致率が高かった。

Schnadig氏は、PSや栄養状態について医師と患者との評価を一致させていくことが重要だと述べている。そのための方法としては、定期的に血圧や心拍数などのバイタルサイン(生命徴候)を測定するのと同様に、一定期間ごとに患者からデータを取り医師に提出させることや、臨床試験で用いられる評価値を採用することなどが考えられる。しかし、それよりも単純な解決策として、医師が患者の話をもっとよく聞くべきだとの意見もある。「患者は自分の状態を知りたがっている」と専門家は指摘している。
原文[2007年6月5日/HealthDay News]

ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ