ガン患者さんのご家族や親しい方へ

ガン患者会・ガン患者サポート会

郭林新気功協会

郭林新気功を学び実践することで病気克服、健康増進を目指す

郭林新気功は中国人の郭林女史が自らのガンを治さんがために編み出した「抗ガン気功」。祖父が気功の大家だった郭林女史は、幼少時より気功の英才教育を受けた。自身40代で子宮ガンを患い手術をするも、2年後に再発。その後も再発や転移を繰り返し都合6回手術をしたにも拘わらず、医師からは余命3ヶ月を言い渡される。この間、気功による再発予防に励んでいたが、結果的には効果が得られなかった。それならばと郭林女史は、オリジナルの抗ガン気功を開発することを決意する。

10年の歳月をかけ改良を重ねてつくられた気功法によって、ついに郭林女史はガンを克服する。そしてその噂を耳にしたガン患者さんが郭林女史のもとを訪ね、気功の手ほどきを受けだした。するとそのなかから少なからぬ人たちのガンが改善してゆき、郭林女史の気功法は中国全土に広まる。現在も150万人にも及ぶ人たちが練功している。


【教室・仲間の誓い】
私達がん体験の仲間は
がんを恐れることなく
しかし、がんに油断することなく
郭林新気功を武器として
仲間同士で力を合わせ、支え合って
今年もがんと闘います。


◆協会のホームページに日程等詳細が記載されています(こちら!)


*2011年6月現在の情報です。最新の情報は会のホームページやお電話等でご確認ください。



 

 



◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!


◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ