ガン患者さんのご家族や親しい方へ

生活習慣改善サポート情報

玄米素材 ギャバ200

玄米素材ギャバ200は米ぬか・胚芽の栄養成分を効率よく摂取できます!

玄米の有用成分米ぬかと胚芽を特殊製法で香ばしい微粉末にしてあります。

最近では一般家庭でも玄米や雑穀を採り入れた食生活が浸透しつつあります。健康な体を作るには食事から、という意識を持たれる方が増えてきたのでしょう。現代の日本における「食の問題」は、生活習慣病に影響を及ぼしています。化学物質である食品添加物や農薬による人体損傷、食べ過ぎ(カロリー過多)の裏で必要とされる栄養素の不足などの問題は、想像以上に深刻です。

ガン患者さんも、ガンが育ちにくい体づくりの一環として玄米菜食、マクロビオティックを実践している方は増えているようです。米ぬかや胚芽を精製して除いてしまった白米は、ほとんどがカロリーだけなのに対し、玄米はバランスよく各種栄養素が含まれています。

玄米素材 ギャバ200」10gは玄米ごはん300g(500kcal)に相当します。玄米食がなかなか続かない方、胃腸が弱く玄米を食べにくい方、胃を切除して消化機能が低下している方などでも、豊富な玄米の栄養成分を手軽に摂取することができます。

宮城県登米市 自然農法登米普及会のJAS認定「ひとめぼれ」の米ぬかを原料にしています。生産履歴が明らかな米ぬかの糠油を機械絞りしてから焙煎するという特製微粉末は、甘く香ばしい風味でたいへんおいしく食べたり飲んだりできます。

食物繊維、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、リンなど)、ビタミンB群、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸、葉酸などをバランスよく摂取できます。さらに、抗腫瘍機能の研究報告もある(米国メリーランド大学医学部 アブルカラム・M・シャムスディン教授の研究が著名)フィチン酸、イノシトールというフィトケミカルも含まれています。

また、製品名にもなっている「ギャバ(GABA:ガンマアミノ酪酸)」は、血液脳関門を通過し脳に届く物質です。このギャバは「癒しの栄養成分」とも呼ばれ、自律神経を調整します。ストレスに傷めつけられた脳や神経を癒してくれます。ギャバ200は、玄米ごはんの120倍ものギャバを含んでいます。

【玄米素材 ギャバ200の摂取方法】

◆ごはんに混ぜて炊く
◆お粥に混ぜて「玄米粥」
◆水、お湯、牛乳、豆乳、ヨーグルト、みそ汁、スープ、コーヒー、ジュースなどに溶いて飲む
◆野菜の煮物などの調理にお好みで加える

姉妹品の「ブラウンギャバ」は、還元力のある植物ミネラルを加えてあります。


◆関連記事
「米ぬか健康法」

 


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ