ガンのつらい症状対策

抗ガン剤・放射線の副作用対策

脱毛

精神的にダメージを受ける副作用

抗ガン剤の副作用の一つに「脱毛」があります。脱毛は抗ガン剤の種類にもよりますが、比較的発現頻度の高い副作用です。細胞分裂の活発なガン細胞をターゲットにした抗ガン剤は、同様に分裂の速い正常細胞に副作用が発生しやすくなります。その一つが毛髪です。

個人差はありますが、一般的に治療開始後2~3週間頃に脱毛が始まることが多く、1~2ヶ月くらいで全て脱毛する場合もあります。通常は抗ガン剤治療が終了すると徐々に髪が生え始め、半年くらいで戻ります。

脱毛は造血器官である骨髄や胃腸など内臓に生じる副作用に比べれば軽度に思われるかもしれませんが、髪の毛が抜けてしまうことは精神的にダメージを受けます。とくに女性の場合は、外出したり人と会う意欲が低下し、うつ状態に陥るケースも少なくありません。


【対策】

・医療用かつら、医療用帽子、バンダナ・スカーフの利用で人目を気にしなくてすむようにする

・低栄養状態にならないようにする(ミネラル、ビタミン、アミノ酸等)

・頭皮冷却法・・・ヘルメット状の「冷却キャップ」をかぶり、内側のチューブに冷たい水を循環させ、頭皮を16度前後まで冷やす。毛根細胞の血管を収縮させることで、血管を流れる抗ガン剤の量を抑え毛根細胞を守る(ただし、寒気や頭痛の副作用、1%の患者に頭皮へのガン転移があったとの報告がある。進行ガンや再発ガン患者には使用を見合わせているとのこと)


【関連情報】

◆「こんいろリボンの会」
低コストで自分の髪の毛のようにアレンジできるウイッグを開発。さらに、ウイッグを利用者の希望の髪型に、ヘアのプロである美容師がアレンジすることを推進し人材育成している会。




ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ