ガンのつらい症状対策

痛み

ガンの痛みの薬

ガンの痛みに使う鎮痛剤

ガン性疼痛の薬剤でのコントロールは、標準的に次のように行なわれます。

【鎮痛剤】
WHO(世界保健機関)は、ガン患者が痛みから解放されるために、鎮痛剤を使う際の5原則を作成しています。病院では、この5原則を基にした鎮痛剤治療が一般的です。

①経口的に
②時刻を決めて規則正しく
③除痛ラダーにそって鎮痛剤の効力順に
④患者ごとの個別的な量で
⑤そのうえで細かい配慮を

除痛ラダーは痛みの強さを3段階に分けています。「軽度の痛み」「中等度の痛み」「強い痛み」に応じて、非オピオイド性鎮痛剤、弱オピオイド性鎮痛剤、強オピオイド性鎮痛剤を使い分け、または併用をします。

●非オピオイド性鎮痛剤
アセトアミノフェン、非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)など。
比較的副作用が少ないので、全身が衰弱している患者でも使いやすい。胃腸障害が心配な場合は、NSAIDsの坐薬(肛門から挿入するタイ)もある。

●弱オピオイド性鎮痛剤
リン酸コデイン、塩酸トラマドール、ブプレノルフィン、フェンタニル、オキシコドンなど。
弱い麻薬作用の薬剤。鎮痛効果はモルヒネの1/5程度。経口剤以外に注射や貼り薬もある。

●強オピオイド性鎮痛剤
いわゆるモルヒネ。他の鎮痛剤とちがい有効限界(鎮痛剤を増量しても効果が増強しない量)がないので、痛みの強さに応じて増量ができる。副作用として、便秘もしくは便が出にくい状態はほぼ全例にでる。他には、悪心・嘔吐、眠気、呼吸の変化、せん妄、口の乾燥、発汗、排尿障害、めまい・ふらつき、ミオクローヌス(手足の筋肉がヒクッとする)。

鎮痛剤の補助として抗けいれん剤、抗うつ剤、抗不安剤、ステロイド剤などを使う場合がある。また、局所の痛みには、神経ブロック、放射線療法を用いる。神経ブロックには、末梢神経ブロック、硬膜外ブロック、クモ膜下フェノールブロック、三叉神経ブロック、内臓神経叢ブロックなどがある。放射線は、骨や脳に転移したガンの痛みの緩和目的で用いられる。





ガン克服レポート
ガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ