ガンのつらい症状対策

痛み

ガンの痛みの影響

ガンの痛みは患者さんもご家族も苦しい
痛みは身体的、精神的に患者本人を苦しめますが、患者のみならず周りの家族・近親者にも影響を及ぼします。痛みによって、食欲不振、睡眠不足がもたらされると、全身的な衰弱、体力の低下を引き起こします。また、持続的な痛みは、気力を萎えさせ、恐怖心を増幅させるので、闘病への意欲も衰えてしまいます。したがって、日常の生活活動力・行動力が低下を招いてしまいます。

痛がる様子や、気力・体力の衰え、食欲・睡眠の不調は、それを目の当たりする家族、近親者にとっても大きなストレスです。身体的な介護の機会・程度が増すだけでなく、痛みをなんともしてやれないもどかしさ、ジレンマは、改善がみられず痛みが強くなっていくほどストレスになります。患者さんも気持ちのやり場がなく、家族にあたってしまうこともあり、家族の肉体的、精神的負担は少なくありません。






ガン克服レポート
ガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ