ガンのつらい症状対策

痛み

ガンの痛みの分類

ガンの痛みにはどんなものがあるのか?

ガン患者さんが抱える痛みの原因は、次の4つに分類されます。ガン自体による痛み、ガンの治療でおこる痛み、心身の衰弱による痛み、ガン以外の痛み、です。

(1)ガン自体による痛み
●内臓の痛み
胃、腸、胆管、尿管などが塞がると、平滑筋(人体の空洞になった器官の壁の部分にある)の収縮により痛みがでる。痛む部位は一定ではない。

●軟部組織の痛み
ガンが大きくなり、筋膜や腹膜が急激に引き伸ばされておこる痛み。内臓の奥深いところにガンがあると、鈍い痛みがでる。

●血管の痛み
ガンが血管に浸潤すると血管の収縮で、灼熱感のある痛み、うずくような痛みが起きる。血管が塞がれてうっ血状態、乏血状態でも血管の壁が広がり痛む。

●神経の痛み
神経根や神経の破壊、圧迫によって、焼けるような痛みが生じる

●脳・脊髄の痛み
ガンの脳転移は頭痛を誘発する。脊髄への圧迫は、鈍くうずくような痛みになる。

●骨の痛み
骨へ転移すると、うずくような痛みになる。進行すると激痛になる。

(2)ガンの治療でおこる痛み
手術による痛み、抗ガン剤の副作用、放射線の副作用。

(3)衰弱による痛み
身体が衰えることで痛みが起こる。便秘、床ずれ、口内炎などの痛みも含む。

(4)ガンと直接関係ない痛み
偏頭痛、緊張性頭痛、筋肉の痛み、関節炎、神経痛、帯状疱疹、その他炎症性の痛みなど。

また、精神状態も大いに痛みに影響を与えます。とくに「不安・不信・不満・怒り・うつ」などの精神状態は痛みを悪化させる要因と考えられています。絶望感・孤独感・死や痛みへの恐怖感・外見の変化・不自由な体・将来への不安・家族に対する思い・自尊心の喪失・病院への不満・医師への不信・治療効果が上がらない・治療への不満・診断の遅れ・社会的失脚・収入の低下・家計の問題・・・などです。






ガン克服レポート
ガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ