ガンのつらい症状対策

痛み

ガンの痛みとは?

ガンの痛み・・・どうする?
国立がんセンターによると、ガンの痛み(ガン性疼痛)は進行ガンの約半数、末期ガンの約70%に認められると報告されています。ガンの進行とともに、一つの決まった原因だけでなく、複数の原因から痛みがおこりやすくなります。さらに終末期にもなると、精神的な要因が加わって痛みが強くなることも多いようです。

ただ、ガンの痛みの出方は一様ではない面もあります。早い時期から痛みを感じる人もいれば、ガンが進行してから初めて痛くなる人、あるいはガンが進行しても痛みがあらわれない人など、痛みの出方は患者さんによって様々です。

ガンによって痛みが生じると、ガンに対する恐怖心が増し、闘病意欲も低下しがちになります。生活の質も低下します。従って、痛みを緩和させたりコントロールすることはとても大切です。そのためには、
①患者さんは痛みを我慢せず訴える 
②痛みの状況を伝えるために「痛み日記」をつける 
などの工夫も必要です。

痛みの具合(痛む場所、程度・強さ、痛む時間帯)、食欲や睡眠の具合、痛み止めを使う場合は使用前と使用後の痛みの変化などを記録しておくと、適切な痛みの手当ての目安になります。

一度痛みがでると、だんだん悪化していくものと決めつけないことが大切です。とはいえ、痛みは気力を奪うし、イライラさせます。それがまた痛みを増幅させることにもなります。鎮痛剤やモルヒネだけでなく、日常生活の中で痛みを軽減できる方法があるので、手探りでもいいから自分が楽になる方法を見つけてみましょう。鎮痛剤やモルヒネという受身的な痛みのコントロールだけでなく、自分(および家族)で実行したことが功を奏すると、達成感が得られ前向きになれます。それが治癒への扉を開くことにもなります。



ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ