ガンのつらい症状対策

胸水・腹水

腹水・胸水の根本対策

胸水、腹水に至ったガンへの対抗策は?

一般に腹水胸水が現れると、お医者さんもガン末期症状と認識します。(口には出さなくても)水が溜まることによって患者さんが苦しむ場合は、応急的に腹腔穿刺(ふっくうせんし)や胸腔穿刺(きょうくうせんし)で外科的に水を抜きます。また、患者さんの全身状態にもよりますが、抗ガン剤を入れることもあります。ただいずれも、一時しのぎ的な措置といわざるを得ません。

ガンの進行やそれに伴う内臓機能の低下が根本的な原因なので、それが改善しないと・・・しかも速やかに・・・甚だしい腹水・胸水は好転しません。

内臓機能を復活させる民間療法もあります。按腹法や温熱法、薬草を使った方法。漢方煎じ薬などの方法も捨てたものではありません。また、先端的な免疫療法によって改善した例もあります。

ただし、手強いガン、無数に散在するガンの場合は短期間で勝負しなければ手遅れになってしまいます。一気呵成に形勢逆転させる療法が求められます。その一つが細胞蘇生特攻タンパク療法といえるでしょう。

肝臓でつくられるアルブミンというタン白質が少なくなることも腹水・胸水を助長してしまうので、栄養管理も大切なケアになります。(栄養療法

【参照】
「細胞蘇生特攻タンパク療法」

「なぜガンを治せないのか?」

無料レポート『ガンでは死なない! 栄養失調で死ぬ!』


ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ