ガンのつらい症状対策

胸水・腹水

胸膜癒着術

胸膜をくっつけて胸水が溜まるスペースを塞ぐ
気胸や癌性胸膜炎によって生じる胸水を軽減するための処置の一つ。胸水が溜まる空間(胸腔)を狭めることで、胸水が溜まらないようにする。

肋骨に囲まれた空間(胸腔)には肺という臓器があります。胸腔は膜で覆われており、肺側の膜を肺胸膜、肋骨側の膜を壁側胸膜と呼びます。この肺胸膜と壁側胸膜をくっつけてしまうのが胸膜癒着術です。

一般的には、ドレーンで胸水を排液した後、薬剤を注入し肺胸膜と壁側胸膜に人工的に炎症を起こして癒着させます。おもに使用される薬剤は、鉱物製剤(タルク)、抗ガン剤(ブレオマイシン)、免疫賦活剤(ピシバニール)、抗生物質(ミノマイシン)などです。一度癒着させると剥がすことはできません。

副作用としては、胸腔ドレーン挿入時の出血・気胸、再膨張性肺水腫、胸膜癒着術施行時の痛み・発熱・ショック、癒着後の再貯留時の気胸、血胸などがあります。



ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ