ガンのつらい症状対策

脱毛

脱毛対策

医療用ウイッグ、帽子などで病気であってもキレイでいることで、イキイキしよう!
ガンの標準治療は患者さんの体に負担がかかります。それはしばしば外見にも表れる。とくに抗ガン剤治療中は、脱毛、肌のくすみ、肌色の変化、肌水分の低下、皮膚炎、湿疹など人の目が気になる副作用にも悩まされます。

とくに脱毛(頭髪を失う)は女性にとって、ともするとガンという病気以上に悩ましい問題です。憂鬱な気分は外出や人と会うことの妨げになり、心身は不活発になる。ひいては治癒の妨げになるといっても過言ではありません。

抗ガン剤治療による脱毛を防ぐことは難しいです。また治療が終了すれば再生します。ここでは、脱毛期間の対策として医療用ウイッグ、帽子などを利用される際の情報を掲載します。


【おしゃれで可愛い 医療用帽子のお店 niko】

オーナーの竹本裕子さんは乳ガン体験者。(竹本さんのガン体験記事はこちら!)ご実家が縫製業を営んでいたこともあり、ご自身のガン体験を基にしたハンドメイドの帽子作りをされています。医療用帽子製作にあたっては、抗ガン剤治療中で弱っている地肌にやさしい素材選びや、闘病中でもおしゃれすることで気持ちが明るくなるよう心配りをされています。

医療用帽子のお店 niko


◆医療用帽子のお店 nikoの公式サイトはこちら!(通販もあり)



【医療用かつら ウイッグなぼうし】

国立がん研究センター中央病院(東京)と医療用かつらメーカー「東京義髪整形」の共同開発。薄手のニット帽に毛髪をつけることで手軽に脱着でき

るように工夫されています。

◆ウイッグなぼうしの公式サイトはこちら!



【一般社団法人 ランブス医療美容認定協会(RAMBS)認定の美容サロン】

医療用ウイッグをご本人の希望通りにカットすることで自然に違和感なく装着できるようにする。病気や治療によって傷んだり変化したお肌のケアとメイクを提案する。「医療美容」の技術を研鑽、普及している美容師さんたちのグループ。代表の豊秀之さんは直腸ガン体験者。(豊さんのガン体験記事はこちら!) リーズナブルな価格のウイッグを提供しているが、他で購入されたウイッグでも、ご本人の希望どおりにカット、アレンジしてくれます。

「ガンに占拠されていた人生を、自分の手に取り戻す!」 医療美容でそんなお手伝いがしたいという心意気を持った美容師さんたちです。

病気になっても、
元気でいよう!
キレイでいよう!

ランブス医療美容認定協会(RAMBS)
ウイッグカットの講習

ランブス医療美容認定協会(RAMBS)
医療美容の講習を修了した店には認定証が発行される



◆一般社団法人 ランブス医療美容認定協会(RAMBS)の公式サイトはこちら!

(協会認定のお店リストはこちら!)

◆一般社団法人 ランブス医療美容認定協会(RAMBS)の取材記事はこちら!














ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ