ガンのつらい症状対策

食欲不振

食欲不振

生命運営のエネルギーは飲食によって得られる栄養素です!

60兆個からなる人体の細胞が入れ替わり与えれた役割を果たすには、栄養素という材料が不可欠です。内臓を動かすにも、脳を働かせるにも、筋肉が伸び縮むにも、栄養素が必要です。もちろん、病気を治癒させるためにも・・・。その栄養素は食べたり飲んだりすることで、補給されます。

食欲不振は、たんにモノを食べる気が起らない、という状態ではありません。食べたくない、食べれない、消化吸収機能が低下・・・いずれも食欲不振という単語が意味する病態です。

ガンの進行やその他の原因で、ガン患者さんが食欲不振を起こすと、それは治癒の足かせとなるだけでなく、生命にとっての緊急事態に発展しかねません。

【ガン患者さんの食欲不振の主な原因】

1.ガンの進行(悪液質)
「悪液質(あくえきしつ)」とは、ガンによる機能的障害が進行した病態を指します。ガン細胞からの分泌物質によって、慢性炎症、代謝異常、免疫異常、内分泌異常、脳神経異常などが生じます。これらの正常な生命活動をする機能が傷害されることで、体は衰弱し精神は消耗します。栄養摂取という機能が低下することで食欲不振になると考えられています。

2.ガン随伴症状によるもの(胸水・腹水、痛みなど)
胸部や腹部に水(体液)が溜まったり、ガンの痛みによって食欲が低下します。

3.治療の後遺症・副作用(消化器系の切除、抗ガン剤・放射線の副作用)
とくに消化器系の手術によって、嚥下障害(食べ物が飲み込みにくい)や通過障害、消化不良が生じます。また抗ガン剤や放射線治療によって消化器機能低下、吐き気・嘔吐、口内炎、口腔乾燥、味覚異常などの副作用が発現し食欲が低下します。

4.精神的要因(不安、抑うつ)


【対策例】
・リハビリ、食べやすい食事の工夫
・薬物療法(制吐剤、精神系用剤など)
・緩和医療、身体のケア
・漢方療法
・栄養療法
・伝統療法、民間療法
・メンタルケア

◆食欲不振に関する詳細なレポートはこちら!
無料レポート
「食欲不振をあなどるな!」



ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ