再発・転移・進行・末期のガン対策

奇跡的に克服した人たちの研究

ガンと性格

ガンを克服しやすい性格は?

ガン性格はあるのか?

明るい性格の人はガンになりにくく、暗い性格の人はガンになりやすい。そんなふうに誤解している方いませんか? 性格によってガンになりやすい、なりにくい、というのは一概に言えません。(*ガンになった人とならなかった人の性格や気質を比べた研究がありますが、関連があるという結果も関連がないという結果もあります。ガンの発生には様々な原因が複合的に関与するので特定するのは難しいでしょう)

どんな性格であれ、自分のパーソナリティーに合わないことを強いられたり、自分のパーソナリティーを犠牲にする環境が続いたら、ガンの原因になることはあるでしょう。

しかし、ガンになってしまった人がガンを克服する際には、「性格」は治療効果、予後、延命に影響を及ぼすと言っていいと思います。性格は気質や思考習慣(考え方、モノゴトの受け止め方のクセ)を含みます。同じストレスでも、それをどう受け止め、解釈し、対処するかというのは、人それぞれ特徴があるものです。

世界的に有名な心理学者、アイゼンク博士(1916~1997)は、人の性格を4つのタイプに分類し、タイプごとのガン死亡率を調べました。

【タイプ1】
情緒的に高い価値がある対象(自分にとって大切な人や仕事など)が、自分の幸福にとって重要だとみなし、依存している。大切な人との人間関係悪化、長期の別離、仕事の失敗、名誉や地位の喪失などがストレスとなり精神的に大きなダメージを受け、おとなしく静かな反応(絶望感や無力感)を示す。

【タイプ2】
タイプ1と同じように、「自分を幸福にしてくれるものが自分の外側にある」と考えている。それを失ったとき、やはり大きなダメージを受けるが、タイプ1と異なり攻撃的な対応(怒り、興奮、攻撃)を示す。

【タイプ3】
タイプ1とタイプ2の両方の性質を持っている。時によって反応が異なり、自己処罰的な反応と攻撃的な対応を交互に示したりする。

【タイプ4】
人格的自律型といわれる。自律性とは、自分を幸せにしてくれるものが自分の外にではなく内側にあると考えている。価値のある対象(仕事、大切な人)があるからこそ幸福を感じるのですが、それに依存せず、自分なりのものを築いていくことが大切だと考えている。そのため、他人の感情や言動、モノゴトが自分のストレスの原因となることが少ない。

アイゼンク博士は、旧ユーゴで約2000人を対象に11年間の調査を行いました。その結果、【タイプ1】のガン死亡率は46%、一方【タイプ4】は観察期間中、ガンにはまったく罹らず、他の病気での死亡も最も少なかったのです。

【参考および引用】
「がんは気持ちで治るのか!?」 川村則行 三一新書 

「ガンを超える生き方」 土橋重隆 徳間書店

経験を積んだガン治療に携わる現場の医師も、患者さんの性格で病状の先行きを予想することができるようです。

「予想より長生きしてくれるのは、だいたいが明るい性格の患者さんです。病気に対して、いつもクヨクヨしている性格の患者さんは、予想より長生きしてくれることは少ないですね」

生まれ持った性格を変えるのは容易ではありませんが、“思考習慣といクセ”や“生き様”は変えることができます。

『人はものごとそれ自体によってではなく、自分がそれをどう見るかによって混乱する』 エピクテウス

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ