再発・転移・進行・末期のガン対策

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

ガン治療の答えは一つではない!

ガンという病気は慌てず焦らず治療をすべきタイプ、局面のものと、迅速に対処しなければならないケース、局面のものがあります。ただいずれの場合も、適切な治療法を選択するのは、なかなか難しいものです。ガンが早期で発見された一箇所に留まっているものなら、治療法に迷うこともさほどないでしょう。しかし、同じガン種、同じガンの病状でも、正確にはガン治療は患者さんごとにアレンジが必要です。オーダーメイド医療という呼び方もありますが、まさしく個々人ごとの対応が治癒や予後といったガン克服に大きく左右します。それは単に、与えられる医療だけでなく、患者さんとご家族が再発・転移防止を視野に入れて実践していく養生も含まれます。

そのために、いかに良い情報、専門家の適切な意見を得るか? その意味で、セカンドオピニオンはガン克服のあたって大きな武器になります。セカンドオピニオンといえば、ガン専門の医師と思いがちですが、患者さんが歩むガン克服への道案内役は、必ずしも医師ばかりとは限りません。

では、いくつかのケースに分けてセカンドオピニオンの求め方を見ていきましょう。

【ガンの三大療法の範囲でセカンドオピニオンを求めるとき】

ある病気に対する治療法というのは、どこの病院でも同じだというイメージが患者側にはあります。しかしこれは錯覚です。現代の西洋医学的医療技術の進歩は速く、また細分化傾向にあるため、医師でさえその技術をすべてマスターしていくのは大変です。それは病院で行なわれるガンの中心的な三大療法(手術、抗ガン剤、放射線)についても、同じことが言えます。

大病院やガンの研究を担うような病院では、その道を極めた医師もいますが、反ってその施設で決められた治療法に固執する可能性があります。誤診や医療過誤を避け、最善の治療法を探すためにも、主治医以外の複数の医師の意見を聞くことで納得のいく治療を選択すれば、治療に対する意欲が湧き、肯定的な気持ちで臨めます。そのような患者側の心理は治療効果を高めることになります。

セカンドオピニオンを求める際には、受診している病院と違う医療機関の医師、主治医と異なる診療科の医師(すべてのガンには当てはまりませんが、胃ガンなら消化器外科ではなく消化器内科など)を選ぶといいでしょう。同じ病院や同じ科ですと、医師同士の遠慮が入る場合があります。

◆対策◆
*セカンドオピニオンとなるガン治療に詳しい医師を探す・・・親しい開業医さんに相談してみるのも

キャンサーフリートピア(東京)・・・有料で医師が相談にのってくれる


【ガン治療後、再発・転移予防の体質改善のセカンドオピニオンを求めるとき】

残念ながら、多くのガン専門医の仕事は、ガンになった人をどうするか?です。病状によっては、とりあえず治療は施したが、再発や転移は時間の問題、必然と内心予想しているものです。手術後に経口の抗ガン剤を処方するのが関の山でしょう。しかし、ガンになった方が、もし以前と変わらぬ生活習慣や体質のままであれば、ガンの再発・転移のリスクは高いままです。もしあなたの主治医がこの分野に詳しくないなら、この分野を研究をし、指導のできる医師や療法家の意見を求めるべきでしょう。

ただし、やみくもに「この健康食品を飲んでいれば大丈夫!」というような“業者的医師・療法家”には、ご注意を。

◆対策◆
*現代医学の医師はこのテーマはあまり得意ではない。東洋医学や食事療法に詳しい専門家(医師、薬局薬店、鍼灸、治療院、療法家など)に相談する。(取材例)




【ガンの三大療法以外の治療法のセカンドオピニオンを求めるとき】

ガン療法は実に様々なものがあります。前述の三大療法で行き詰った時、どうしますか? 主治医に「もう治療法がありません」と言われたら、まだ患者さんに闘病の余力があっても、緩和ケアだけで何も治療をしないということに納得できないでしょう。この場合のセカンドオピニオンは、広くガン療法の情報を持っている人(医師とは限りません)に尋ねることも必要になります。

できれば、特定の治療法だけに携っているのでなく、幅広く信頼できる情報を持って、患者さんの状況(病状、家族的、経済的など含め)に応じてアドバイスしてくれる人物が望まれます。

◆対策◆
*遺伝子療法、免疫療法、漢方、自然療法、食事療法など、その道のプロがいます。(取材例)






ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ