再発・転移・進行・末期のガン対策

ガンに克つ10ヶ条

(9)体は本音を話す

答えはあなたの中に
迷ったときは、頭で考えるより、体の声に耳を傾けよう。直感やインスピレーションというと、非科学的で胡散臭いとう人がいます(女性より男性に多い)。とくに今まで生きてきた環境が、既存の枠組みの中だけで理屈で物事を考える習慣が身についている人ほど、そういう傾向が強いようです。-NPO法人 ガンの患者学研究所の月刊誌「いのちの田圃(たんぼ)」2004年8月号のなかで、同代表の川竹氏と新潟大学大学院教授、「免疫革命」で有名な安保教授が対談している。そこでも、命が危機にさらされるようなときは、頭より先に身体が動く、そんな「感性」を誰でも持っている、と語っています。
 
生き物というのは本来、自分の体にとって良いこと、悪いことを自然に感じる能力があります。ところが人間は脳が発達し記憶力や想像力があるので、知識、理屈、過去のデータなどから物事を判断しようとします。そのおかげで人類は、科学技術を発展させ高度な文明や社会を築くこともできました。しかし、生きとし生けるものの根本はみな自然の一部で原始的です。草花や動物も自分の体にとって良いか悪いかは、瞬時に反応します。人間の場合は多くのことを脳が判断します。そのため、我慢したり、このぐらいのことはなんでもないとコントロールしようとします。ところが、体の一つ一つの細胞は、正直で、ウソがつけません。
 
あなたにとって、なにが良いか、なにが自然かは、本音で話す体に聴いてみるとわかります。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ