再発・転移・進行・末期のガン対策

ガン体験者との対談

斉藤康夫さん 肺ガン

イメージ療法と読書療法
2012年2月 名古屋市にて

ガン患者さんが日々実践する養生法には、様々な方法があります。しかしこれほど「イメージ療法」を熱心にされている方にお会いしたのは、はじめてです。加えてイメージを「読書療法」で強化している。さて、どんな方でしょう。

斉藤康夫さん
斉藤康夫さん


◆10cmの肺ガン、人生狂った!◆

小澤
今日はお休みのところ、すみません。

斉藤さん
いえいえ、ぜんぜん構いません。

小澤
何度か患者会(社団法人 日本がんマネジメント協会主催「語りあい」)で斉藤さんの肺ガン体験の一端を聴かせてもらいましたが、今日はあらためてガンが発見されてからの経緯をお話し願えますか。

斉藤さん
わかりました。2005年の11月1日、会社の健診を受けた後、女房と遊びに出て帰宅すると留守番電話に「今日の健診で撮ったX線のことでお知らせしたいことがあります」とメッセージが入っていました。

小澤
健診の当日に連絡があった。急を要するという感じですね。

斉藤さん
そのメッセージを聞いて、僕はもうガンだと思いました。

小澤
いきなりガンをイメージした?

斉藤さん
ええ、実は1年くらい前から兆候があったのです。首を前に傾げると圧迫感がありました。首を絞められるような感じ。
すぐさま当地のがんセンターを受診して11月下旬にCTを撮ったところ、10cmのガンが胸の真ん中あたりに見つかりました。

小澤
肺門部ですね。

斉藤さん
気管支のすぐそばにできた扁平上皮ガンでした。手術はできないので抗ガン剤と放射線で治療しようという診断結果でした。12月に入ってすぐに入院しました。

小澤
ずっと入院治療でしたか?

斉藤さん
抗ガン剤は1クール4回。4週間に1回のペースでした。2回目が終わった2月に退院して3月、4月は通院。1回目の抗ガン剤で全身に発疹が出たので、2回目からは別の抗ガン剤に変更になりました。夜寝れないほど痒かったです。それから放射線を入院中から数えて合計30回照射しました。

小澤
話は戻りますが、斉藤さん、はっきりとガンとわかった時はどんな心境になりましたか?

斉藤さん
「人生狂った!」と思いましたね。僕は100歳まで生きるつもりでしたから。「バカヤロー!」ですよ。あとどのくらい生きられるんだろう・・・?


◆治る鍵はイメージだ! 白血球総動員!◆

斉藤さん
僕は両親ともガンで亡くしています。ですから僕は父親(胃ガン)と母親(多発性骨髄腫)の治療中からガンについて勉強していました。かなり勉強しましたよ。それに基づく自己診断では、医学的にはあと半年から1年半くらいの命じゃないかと予測しました。

小澤
斉藤さんは、ご自身の肺ガンが見つかるかなり以前からガンに関する知識があったのですね。

斉藤さん
心配だったのは女房のことです。当時、娘はすでに大学生でしたので就職すればなんとかなるだろうと考えました。ただ女房は、のほほんとした性格なので大丈夫かなぁ~と・・・。

小澤
まだ働き盛りの頃ですものね。ご家族のことは心配になりますよね。

斉藤さん
でも僕は【人間にはガンを治す力がある】と信じていました。

小澤
それはどういう根拠からですか?

斉藤さん
僕は中学、高校の時分から「奇跡的な事」に関心があって、そういうことは起こりうるだろうと信じる性質でした。ルルドの泉の話とかね。

小澤
たとえ目に見えない力だとしても、存在する・・・と。

斉藤さん
父親がガンのとき診てもらっていた主治医に、母親が尋ねたことがありました。「先生、ガンが自然に消える人はいるんですか?」 主治医はこう答えました。「いるんですよ」 それを聞いて僕は、「ああ、ガンが治る人はいるんだ」と思った。

小澤
たしかに自然退縮の実例は報告されていますね。

斉藤さん
父親の治療のために、ある免疫賦活薬を取り寄せることになり、東京まで出向いて説明会に出席しました。そこで肺ガンの事例が紹介され、1年後にガンが消失していた。ものすごく感銘を受けました。結局父親はその薬で効果を得られませんでしたが、大腸ガンの知人はガンの進行が抑えられていた。なんで治る人と治らない人がいるのかと、僕は考えました。

小澤
その差はなんだと?

斉藤さん
もう30年以上前になりますが、父親の場合はガンを告知しなかったのです。だから何もわからずじまいに治療を受けていた。一方その大腸ガンの方は、奥さんが同じ説明会に出られて治った例を知っている。僕はおそらくご主人にそのことを報告したと思うんです。「治った人がいる。俺も助かる」という気持ちを持てたのが良かったんだろうと。

小澤
治った人の存在で希望を持てた。

斉藤さん
それから、父親が死ぬ前に自宅の欄間を大工さんに頼んだんですね。1年くらいかかって彫り終わったときには父親は亡くなっていた。母親がそのことを伝えると、大工さん自身もガンになったがお陰さまで元気です、と話された。「ガンだからって死ぬとは限らない」そういう事実がまた一つ僕の前に示された。

小澤
ガンでも生きてる人がここにもいた。(笑)

斉藤さん
そう。けっこういっぱいいる。(笑) 人間には治る力がある。治す潜在能力がある。その能力はどんなきっかけで発動するのだろう?というのが次なるテーマでした。

小澤
治る潜在能力のスイッチは、どんなことでONになるのか?

斉藤さん
僕はね、自問自答した結果、【イメージ】じゃないかと思いついた。例えば、白血球がガンを攻撃するイメージを持てば、その通りになっていくんじゃないか。

小澤
イメージが鍵になると思いついたのはいつ頃ですか?

斉藤さん
親父が死んで数年経ってましたかねぇ。ふと思いついたんです。

小澤
ということは、斉藤さん自身がガンになるかなり前ですね。

斉藤さん
30年くらい前です。ですからガンとわかった時、頭の中に仕舞ってあった【自分の中に眠っている治す力を呼び覚ますのはイメージだ】という秘法を取り出して早速実践しました。

小澤
いつから始めたのですか?

斉藤さん
11月2日からです。

小澤
ガンかもしれないと引っかかった健診の翌日じゃないですか!?

斉藤さん
勿論、お手本なんかありませんでしたから、自分なりに白血球がガンを攻撃するイメージをつくりました。

小澤
イメージづくりには苦労されたのではないですか?

斉藤さん
当初は、ハチの巣のような形状をガンに見たて、それを攻撃するイメージを頭で描きました。その後、がんセンターで免疫療法のビデオが流されているのを見ました。白血球がガン細胞を破壊する映像です。ところがよく見ると、ガン細胞に対し2~3個の白血球だけが攻撃を加えている。他の白血球はサボって遊んでいるように僕には見えたのです。だから自分のイメージには「白血球を“総動員して”ガンを攻撃する」とアレンジしました(笑)

小澤
なるほど、斉藤さんは自分なりにイメージをよりよいものに修正していったんですね。

斉藤さん
それを入院中は1日2~3回、1回5~10分ほどかけてイメージしました。

小澤
頭の中で黙ってイメージするだけで、声に出したりはしなかったですか?

斉藤さん
入院中は散歩をしてまして、歩きながら声に出して唱えていましたね。

小澤
今もイメージ療法を続けているのですか?

斉藤さん
初期の頃のイメージとはだいぶ変わりましたが…だんだん慣れてきたのでやりやすいイメージになってます(笑)

小澤
イメージも進化したのですね(笑)


◆読書療法とオリジナルの冊子作り◆

小澤
ところで斉藤さんがイメージ療法を始めた時、サイモントン療法のことは知っていたのですか?

斉藤さん
サイモントンどころか、その手の類のイメージ療法のことは何も知りませんでした。先にお話ししましたように治療は抗ガン剤1クールと放射線30回で終了し、ガンが安定しているので様子を見ましょうということになりました。もしまた増殖の兆しが再燃したら、何らかの治療をするという方針です。そして7月に職場復帰してから、サイモントン療法の存在を知りました。たまたまインターネットで調べていたら、サイモントン療法の本に辿り着いた。

(*注:サイモントン療法はイメージだけの療法ではありません。詳しくはこちら!)

小澤
サイモントン療法のことを知ったときは、びっくりしたでしょう? 自分のやっていることが載っていたわけですから。

斉藤さん
びっくりしました。取り寄せた本には、サイモントン療法でガンが消失した人、縮小した人、増殖が止まったり緩やかになった人など7割の患者さんに何ならかの効果があった、と記されていました。これは凄いじゃないか、と思いました。

小澤
既にイメージ療法を実践していた斉藤さんですが、とても参考になったのではないですか?

斉藤さん
大いに勇気づけられました。いいことが書いてあるなぁ、と感心しました。だから、本の中からイメージに役立つ文章を抜粋して手帳に書き写し読もうと思いました。文章には自分なりの言葉も書き加えて、通勤しながら読みました。

小澤
それが現在はこの冊子になっている。

斉藤康夫さん
自分の言葉に加筆・修正してます

斉藤さん
ええ、それが最新版です。何度も加筆しています。一部差し上げます。

小澤
ありがとうございます。

斉藤さん
イメージするのと冊子を読むので30分。仕事の合間も使って、これを1日5~7回繰り返しました。

小澤
都合3時間くらいになりますね。

斉藤さん
これを約3年続けました。それと常に本を鞄に入れて、電車の中などで読んでいます。いま持ち歩いているのはこの三冊です。決まった箇所ですが、アンダーラインを引いたところを毎日2回読んでいます。僕はこれでガンが安定していると信じています。

斉藤康夫さん
奥に一式を入れているバッグがあるんですが・・・(笑)
(斉藤さんのご愛読書はこちらで紹介しています!)

小澤
斉藤さんは、イメージ療法と読書療法の他になにか健康法はされなかったのですか?

斉藤さん
サプリメントを飲んだこともありましたが、試した程度です。食事療法はあまり関心がなく、好きなものを食べていました。ただ2010年の秋に織田さん主催の講演会(がんから元気になった6人講演会)に参加して、はじめて治した人たちにお会いできました。なかには一切治療をせずにガンを治した人もいる。治した人を目の前にして「やっぱり、人間には治す力がある」という信念がより強固になりました。

小澤
僕もその講演会に参加しました。すると斉藤さんはガンが見つかってから5年経って初めて患者会のような集まりに参加したのですね。

斉藤さん
そうなんです。そこで食事の話も聴いて、食生活を少し変えました。でもまあ、僕は美味しいもの食べながら治したいという考えなので、そこそこにやっています。あとは運動ですね。運動といっても散歩ですが。散歩しながらイメージする。

小澤
斉藤さんはとにかく「治る」イメージを自分自身にインプットし続けているのですね。

斉藤さん
そうです。繰り返し繰り返しインプットすることで現実になっていくと信じています。それに加えて、患者会や講習会に参加することも心理療法としてプラスになると思っています。できるだけ参加したいですね。

小澤
今日はご協力ありがとうございました。


斉藤康夫さん
後日の患者会「語りあい」に出席した際にパチリ



【編集長感想】

ご両親をガンで亡くされていながら、そこから「人間には治る力がある」という“結論”を導きだした斉藤さん、素晴らしいですね。

対談中、斉藤さん自身にガンになった原因の分析をしてもらいました。すると「出世したことです」という答えが返ってきました。サラリーマンの方で猛烈に仕事して体を壊す人は少なくありませんが、斉藤さんの場合は意にそぐわぬポストに昇進したことが精神的負担になりました。「私はね、管理職なんかにならずにのんびり仕事がしたかったのです。それが副部長に任命され数字に追われた。私にとってはもの凄いストレスでした。嫌で嫌でたまらなかった」

望まぬポストで心身ともに消耗していくなか、組織改編で全社員に試験が課せられた。試験の点数が悪いと管理職でもヒラ社員に降格されてしまう。斉藤さんは“運よく”その試験で落第した。「試験に落ちなかったら、私のガンはもっとひどいことになっていたでしょう」 人生とはわからないものです(笑)

斉藤さんは今でも同じ会社に勤めていらっしゃいますが、仕事量はさほど多くない部署に配属されています。閑な時間にはイメージトレーニングと本読みができるので好都合だそうです。斉藤さんがいつも持ち歩く通勤するにしてはやや大きめのバッグ・・・この中に斉藤さんの治るイメージの源泉が詰まっています。斉藤さんのバッグは「治るバッグ」なのです。




ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ