HOME > 情報を集める > 再発・転移・進行・末期のガン対策 > ガン体験者との対談 > 小松真紀さん 胃ガン(ガン患者会 いずみの会 第一号会員)

再発・転移・進行・末期のガン対策

ガン体験者との対談

小松真紀さん 胃ガン(ガン患者会 いずみの会 第一号会員)

ガン患者会 いずみの会定例会 体験者発表より
2013年12月7日 愛知県一宮市にて
ガンが見つかったのは24年前、33歳の時でした。かねてより胃の具合が悪く、開業医で胃薬を処方してもらっていました。当時、施設(障害のある子どもの生活施設)の保育士をしていて夜勤もありました。夜中に夜食を摂ったり、持病があって鎮痛剤やステロイドの服用もしていました。なので、胃の具合が悪いのもしょうがないかなと思っていました。でもだんだん痛みが酷くなってきたので、総合病院で診察をしてもらったところ胃ガンと診断されました。

ガン患者会 いずみの会

ガン患者会 いずみの会
2ヶ月に1度開催される、いずみの会の定例会には関東、関西、九州からも会員さんがさんかされます



当時はまだ、いまほどガンの告知が一般的でなく、告知をするか否かの時代でした。でも私の主治医は、「ガンと告げられてショックを受けると思うけど、人間は病気に立ち向かう力を誰でも持っているから、その力を信じて伝えることにしています」とおっしゃられました。とても信頼のできるよい先生でした。

手術では胃を4/5取り、入退院を繰り返しながら抗ガン剤治療を6回受けました。幸い副作用もあまり出ず、さほど苦しい思いはしませんでした。入院中、同じ病室の人たちが明るい方ばかりで心強かったです。部位は違えど、同じ女性のガン仲間。「自分だけじゃないんだ」と安心できたのを覚えています。

ところが退院してしまうと、入院中のようにガン患者さんと接する機会がない。通院しながら会う患者さんは、病状が悪くなっていき亡くなってしまう方が多い。新聞の死亡欄の死因、報道やドラマの「ガン」が目や耳に入ってくると否応なしに心が引きつけられてしまう。今のようにガンに関する情報が入手しやすい時代ではなかったので、どちらかといえばネガティブなガン情報に接する機会が多い。そうすると我が身に置き換えて、自分はダメかもしれないと思ってしまう。桜を見ても、花火を見ても、今年が見納めだという気分になる。元々がマイナス思考で、石橋を割れるくらい叩いて渡るタイプ。ですから輪を掛けてマイナス思考に陥ってしまいました。

ガン患者会 いずみの会
当時を振り返りながら講演される小松真紀さん



それで夫の協力も得て、元気なガン患者さんと交流しようということになりました。胃ガン患者の会をつくろうと「中日新聞」の紙面で呼びかけを掲載してもらったところ、反響が大きく掲載日は朝から電話が鳴りっぱなしでした。そうして中山武さん(前いずみの会会長)をはじめ胃ガン患者が顔を合わせることになったのですが、みなさん明るく元気でパワフル! とても励まされました。この集まりが、いずみの会創設のスタートになったのです。

一通り治療が終わって自宅にて療養していましたら、いろんな方がご好意で様々な健康情報を寄せてくださいました。なかには、○○神社に行くといい、○○の水を飲むといい、というものもありました。(笑) 食事についても正反対のことが書かれていたりして、食べるものがなくなってしまうと悩みもしましたが、とりあえず自分でできることに取り組みました。雑穀玄米入りのごはんや、体を温めることなどしましたが、突き詰めてやるタイプではないので、その時々でゆるくやっていました。(笑) 日常、とくにやることがないと、どうしてもガンのことが頭に浮かんで暗い気持ちになってしまいます。少しでもガンのことを考えない時間をつくろうと、コメディや落語のレンタルビデオを借りてきて観ながら笑っていました。旅行にもよく出かけました。暑い夏を避けて翌年9月から職場復帰しましたが、理解のある職場で夜勤もなくしてもらい助かりました。実家の母と同じ合唱団に入り、夜の練習に参加するのも気分転換になってよかったです。

手術後しばらくしてから主治医に「5年生存率は半々(50%)」と告げられていたのですが、実は夫にはもっと厳しい予後を伝えてあったらしく、「好きなことさせてあげてください」という言葉も添えられていた。だからあの頃、夫はあんなに優しかったのかなと思います。(笑) 5年経ったときに主治医の先生から大きな花束をプレゼントされて、とても感激しました。

早期退職した今は、ボランティアや孫の世話をしています。少し足が遠のいていたいずみの会の事務所にもお手伝いにいっています。自分が必要とされている、家族に大切にされていると感じながら生きる日々に感謝しています。

とはいえ人間は弱い面がありますから、このような会(患者会)に参加されて心を響き合わせて気持ちをリセットされるといいと思います。これからも前向きに一緒にやっていきましょう!!


◆いずみの会の公式サイトはこちら!

◆いずみの会の取材記事はこちら!











ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ