再発・転移・進行・末期のガン対策

おすすめの本

人類の目覚めへのガイドブック

天外伺朗 内外出版社
副題は、【「実存的変容」に向かう小さな一歩を踏み出そう】

タイトルといい副題といい、なぜガンの辞典で紹介するの?と訝る方もおられるかもしれません。

ガンの辞典テキストNo.1「ガン克服のための3つの物差し」12頁で、ある研究を引用しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『がんの自然退縮の研究』
中川俊二医師・池見酉次郎医師(九州大学医学部 日本の心身医学、心療内科の基礎を築いた草分け的な日本の医学者)
*論文は海外の医学誌に発表
自然退縮の事例にインタビューを行う(70例以上) 
(中川俊二著「ガンを生き抜く」1983 より)

「がんの自然退縮」とは、医学的に有効と認められている治療を一切使わずにガンが消失したことです。

中川医師たちは、自然退縮者に共通していたのは「実存的転換」であると結論づけています。

「実存的転換」
ガンや死への恐怖がみられず、ガンであることを自覚したのを機に一大転換がおこり、不安、恐怖を克服して、生活の是正とともに、新しい対象の発見や、満足感、生き甲斐の再発見、そして残された生涯をより有意義に、また感謝しながら前向きに行動するという姿。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肉体に作用する治療を使わずに治すことを礼賛したり、目指しているのではありません。ただ、この生きながら“リボーン”するような変化が実に体影響するならば、その力を活用しようじゃないかということです。そのほうが、どんな治療をするにせよ、効果を支えてくれると考えます。

では、実存的転換ってどうやるの?という際に、本書は指南書の一つになると思います。(本書では「実存的変容」という表現ですが、実存的転換とほぼ同意です)




テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ