再発・転移・進行・末期のガン対策

おすすめの本

がんが消えていく生き方 

船戸崇史 ユサブル
新刊発行の2020年10月初旬、名古屋の患者会(いずみの会)オンラインイベントで著者の船戸崇史先生(船戸クリニック院長、リボーン洞戸代表)に、本書を世に出す経緯を伺いました。

「集大成です」

医師としての志とプライド、外科医の絶頂期にぶち当たった壁と疑問、自らの腎臓がん、死や病との向き合い方の変化、リボーン洞戸開設・・・。船戸先生自身が体験した“人生のリボーン”と、そこからフィードバックされたがんの考察や医療、生活習慣についての記述は、医師と患者の要素を持ちながらも更に俯瞰的な目を通して得られたものです。

本書の帯には「がんが嫌がる5つの生活習慣」とありますが、それはただ単に、がんを消し去るためのハウツーではありません。がんも含めた生命への真摯なリスペクトを基調としています。まさに、治し方の本ではなく、生き方の書なのです。

穏やかさとやさしさ溢れる読みやすい文章ながら、たいへん深みのある内

容です。ぜひご一読を。



テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ