再発・転移・進行・末期のガン対策

おすすめの本

病気の根を抜く医療

堀口裕 島袋隆 アピックス
「どうやら病気が出てくるのは、健康な人に病気の“根っこ”が生えているのだと考えるべきです。ということは、病気そのものを治療しても病気の根っこがそのまま残っていれば、真の健康ということはできません」 病気を雑草に例えるなら、目に見える地表面に出た茎や葉が病気。現代医療は茎や葉に対処はできる。しかし病気を起こす根っこに対処できない。20年以上にわたり、病気の根っこを抜くことに取り組んできた堀口裕先生(香川県坂出市 堀口医院院長)は、病気が起きている“現場”である【細胞】を診断する手法と細胞の元気を回復させる還元電子治療を考案しました。

本書は、開業医という環境でありながら基礎と臨床のデータを収集し論文にまでされた細胞内診療と還元電子治療について、余すところなく情報公開されています。この医療を採用され、さらに多くのガン臨床経験を活かした診療をされている島袋隆先生(大阪府茨木市 ハズしまぶくろクリニック院長)の報告(第9章)にも敬服です。






◆還元電子治療の記事はこちら!

◆堀口裕先生とのガン対談記事はこちら!







ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ