HOME > 情報を集める > 再発・転移・進行・末期のガン対策 > おすすめの本 > 医師が知らない余命を延ばすがん養生生活

再発・転移・進行・末期のガン対策

おすすめの本

医師が知らない余命を延ばすがん養生生活

シャムレッフェル・レックス 三交社
著者はドイツ系アメリカ人と日本人のいわばハーフながら東京生まれの東京育ちで、日本で事業をされている。2011年春、順風満帆だった彼の人生に影が忍び寄る。すでにリンパ節、肺に転移があるステージ4の腎臓ガンが見つかる。「何もしなければ余命6ヶ月」の診断。5年生存率は4.6%。

なんとしてもその4.6%の枠に入りたいがため「治療はアグレッシブに!」と果敢に挑んだ抗ガン剤の標準治療で、その激烈な副作用のため容態が悪化してしまう。人生締めくくりの覚悟をし、家族にその旨伝えたところ、大学2年生の息子さんが何気なく口にした。「ぼくは心配してないよ。いままでも色々なことを乗り越えてきたんだから、今回もお父さんなら絶対なんとかするでしょ」

この言葉で目が覚めたシャムレフェルさん。生きる意欲がフツフツと湧いてきた。一念発起!自分のガンを徹底的に学び、療法研究のため海外にも飛んだ。低容量抗ガン剤治療(自己判断)、中国医学、断食、食事療法(変遷を経て最終的にはケトン食療法)、びわ葉温圧療法、MLDリンパマッサージ、温熱療法などに取り組み、3年半を経過し良好な体調を維持している。

ここまでなら、末期ガン体験としてまんざらなくはない話なのだが、シャムレッフェルさんはご自身が実践した代替療法を体験することができる施設を作っちゃった! 「RCSセミナーハウス(源泉掛け流し温泉 和ホテルRCS)」(静岡県伊東市)は、通常の宿泊の他に、ファスティング宿泊プラン、体質改善ケア宿泊プラン、団体貸切プランが設定されている。月に1回、健康セミナーランチも催している。施設内には、自家源泉・掛け流し温泉、びわの葉温圧灸ルーム、ゲルマニウム温浴、岩盤浴、カラオケルーム、多目的ルーム、エステルーム、リラクゼーションなどが設備されている。(宿泊料金は一般の宿泊施設に近いので、長期療養するにはそれなりのコストが必要)












ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ