HOME > 情報を集める > 再発・転移・進行・末期のガン対策 > おすすめの本 > パウル・シュミットのドイツ波動健康法

再発・転移・進行・末期のガン対策

おすすめの本

パウル・シュミットのドイツ波動健康法

ヴィンフリート・ジモン ビオ・マガジン社刊
「パウル・シュミットのドイツ波動健康法」を聞きなれない言葉で表すなら、「バイオレゾナンス・メソッド(生体共鳴法)を用いた振動医学」となる。

バイオレゾナンス法とは、「波動の共鳴現象を利用した、生命エネルギーの流れを整える方法」。まだわかりにくい(笑)

「生命エネルギー」とは、東洋医学の「気」、チベット医学の「プラーナ」と同義である。生命エネルギーが全身をスムーズに流れていると人は健康であり、流れが滞ると不調や病気になる。この説明だと、なんとなくわかりかけてくる。

「気」や「プラーナ」は感じることはできても目に見えない。世の中、「気が見える」という優れたセンサーの持ち主がいらっしゃるようだが、凡人の私なんぞ、いっこうに家人の気配を察することさえできない(笑)

パウル・シュミットさんは、そんな目に見えぬ「生命エネルギー」を測定し数値化した。滞りの固有周波数を突き止め、それと同じ周波数の波動を用いて、滞りを見つけ波動の共鳴によって流れを塞いでいるブロックを解除する。すると本来の治癒力や生命力が発揮されるという健康法である。

日本ではドイツ振動医学推進協会日本支部バイオレゾナンス医学会が活動している。



 







◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!



テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ