HOME > 情報を集める > 再発・転移・進行・末期のガン対策 > おすすめの本 > 最期の晩餐~がん治癒へのターニングポイント

再発・転移・進行・末期のガン対策

おすすめの本

最期の晩餐~がん治癒へのターニングポイント

藤岡靖也+藤岡典代 グッドブックス
熊本県上益城郡で開業されている藤岡医院の取り組みに、脳ではなく臓腑が頷く!

「がん」×「最後の晩餐」というキーワードの掛け合わせからは、終末期のがん患者さんが人生最期にいただく食事のことか?!、と早合点してしまうかもしれない。しかし表紙のメインタイトル横には、「~がん治癒へのターニングポイント~」と添えられている。本道佳子さん(料理人、NPO法人 国境なき料理団代表)提供の「最後の晩餐・食事会」は、“食を通して力強く今を食べ、今生きていることを感じてもらう”ことをテーマにしている。それは、ガンに縛られ、治療に縛られ、食生活に縛られている患者さんたちの心をゆるめ、今を生きることに喜べる感謝の食事となる。生きることへエネルギーを注ぐことに転換した患者さんは、本質的な治癒が開花することも稀ではない。

藤岡医院は、地元に根差した医療機関でありながら、がん治療部門が設けている。温熱療法、心理療法、免疫療法などを導入されている。標準治療だけでカバーできない患者さんに、対応できるツールを持っている。しかし最大の特徴は、靖也院長と典代夫人(薬剤師・サイモントン療法認定スーパーバイザー)の立ち位置が、一歩も二歩も、いやそれ以上、患者さん側に寄っていることである。












◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ