HOME > 情報を集める > 再発・転移・進行・末期のガン対策 > おすすめの本 > 健康遺伝子が目覚める がんのSAT療法

再発・転移・進行・末期のガン対策

おすすめの本

健康遺伝子が目覚める がんのSAT療法

宗像恒次 小林啓一郎 春秋社

「心身一如」を、現代科学で計測する。がんのSAT療法は、心の持ち方が体の遺伝子は免疫にどう影響を与えるかを計測しながら進めていく心理療法です。1995年に筑波大学大学院教授 宗像恒次先生が開発された比較的新しい心理療法(かつ心身療法でもある)です。

SAT療法は、「ガン克服に重要な免疫防衛力や遺伝子防衛力は、患者さん本人の人生に向き合う態度や考え方、それに伴う行動と深く関わる」という前提のもとに、患者さん自身が生き方や行動を変えていくことを支援するものです。

SAT療法によると、ガンを抑制する遺伝子は「愛の遺伝子」なんですって。愛情がそれらのスイッチを入れるんだそうです。(納得!)

◆SAT療法の記事はこちら!




ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ