HOME > 情報を集める > 一般的なガンの治療 > 手術 > ガン手術療法の流れ

一般的なガンの治療

手術

ガン手術療法の流れ

ガンの病状、患者さんの状態によって手術方法は変わる

一般に外科的な手術は、ガン治療の第一選択です。白血病など血液・体液のガンに対して手術はできませんが、固形ガンと呼ばれる臓器や組織にあるガンの多くに対して、手術は適用されます。
 
とくに早期ガンは、内視鏡的療法や、縮小手術、定型手術にガン病巣を切除します。その際必要に応じて、ガンの発生した臓器に近いリンパ節を一緒に切除(リンパ節郭清:かくせい)することもあります。
 
中期のガン(早期ガンと進行ガンの中間にあるようなガン)の多くも、手術での切除対象です。早期ガンに比べると、臓器の壁奥深く、病巣部周辺組織、やや離れたリンパ節などにもガンが広がっているので、術式は定型手術や拡大手術が採られます。手術前に放射線や抗ガン剤を使って、ガンを切除しやすいように小さくする方法が採られることもあります。
 
また、遠隔転移といってガン病巣部に隣接していない遠くの臓器や組織に転移している場合にも、症状を緩和する目的の手術が行なわれることがあります。これらは非治癒切除、姑息手術とも呼ばれ、ガンを取り除き治癒させる目的でなく、あくまで病状、症状を和らげるものです。患者さんの苦痛を取り除く意味での手術もあります。



ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ