一般的なガンの治療

手術

ガン手術の種類

ガンを取り除くばかりが手術ではありません

【根治手術】
 
完全にガン細胞を切除できたと判断できる手術です。ガンが完治する可能性が高いもので、治癒手術とも呼ばれます。外科治療成績の目安になるガン手術です。根治を目指す手術は、ガン病巣状態を極力正確に把握することが求められます。近年の画像診断技術の発達は、手術前により細かい事前情報の入手を可能にしました。これにより、病状に応じた適切な手術ができるようになりました。手術単独ではなく、放射線療法や化学療法を併用するケースも多くあります。 
 
 
【姑息手術】
 
ガン細胞を完全には切除できなかったと判断しなければならない手術です。(絶対)非治癒手術、不完全切除とも呼ばれています。手術後にガンが再発する可能性はあり、進行したガンほどそのリスクは高くなります。
 
主に進行ガンに対して、手術だけでガン細胞を取り切れない場合でも、病状や症状を緩和させる目的で行なわれます。
これまでは、進行したガンに対してはガン病巣部とともに、ガンが波及していないと思える周辺部までを広く切り取り、完治を目指す拡大根治手術が行われてきました。それでも再発が防げないことも多いため、現在では進行したガンに対しては拡大根治手術にこだわらず、放射線治療や化学療法を併用して完治を目指す、集学的治療を行うようになってきています。これは、手術によって必要以上に広範囲に内臓などを切り取ることで、患者さん本人の人体としての機能を低下させないことも考慮されています。 
 
 
【定型手術】
 
ガンの定型手術は、治療実績から標準的に実施してよいと評価された術式です。それぞれの各部位、各病期における基本的な手術法を定型手術とし普及することで、各医療機関で手術が行いやすいようになり、平均的な治療成績向上に貢献したといえます。
 
検証の結果、新しい手術法が従来の手術法より有効で優れていると評価されれば、定型手術は入れ替わることになります。
 
 
【縮小手術】
 
切除する範囲が定型手術より狭い手術です。主に早期ガンに行われる手術で、なるべく切除する範囲を小さくし、しかも完全に治すことを目的としたものです。
 
これまでの研究と経験の積み重ねから、早期のガンであれば臓器をすべて摘出しなくても、必要最小限の切除で治ることがわかってきました。この手術法には、手術で受ける患者さんの身体的負担が少なく、機能も温存でき、回復が早いなどのメリットがあります手術後の後遺障害も緩和です。ただし、手術後にガン細胞がわずかでも残っていると再発・転移リスクがあるので、検査でガンの広がりをできる限り正確に見極めた上で、取り残しのないように行います。
 
 
【拡大手術】
 
切除範囲が定型手術より広い手術です。一般に中期以降の進行ガンに行われる手術です。ガンが再発しないように、根治する率が高くなるように、なるべく広い範囲にわたって切除します。拡大手術が可能になったのは、麻酔法と手術後の管理法の進歩、生命維持管理の普及、補液の改良などが実現したためです。この結果、従来はとうてい手術が不可能と考えられてきたガンに対しても手術が可能になり、高齢者や重い合併症をもつガン患者の手術も比較的安全に行えるようになっています。
 
ただ、ガンの根治という目的を最優先にするため、身体の回復には時間がかかります。また、人体の正常な機能を犠牲にせざるを得ないという判断のもとに実施されるケースがあるので、手術後は手術前と同じ生活が送れないこともあります。
 
 
【機能温存手術】
 
ガンを根治させるという目的ではあるものの、人体臓器の働きを損なわず、できるだけ機能を残すようにする手術法です。
 
これは、ガンの病態研究と診断技術や手術用の器具が進歩したことで可能になってきました。画像診断と内視鏡治療、縮小手術、術式の工夫などによってより機能が温存されます。また背景には、患者さんの手術後の生活を重視するという考え方の広まりもあります。患者さん本人の機能を温存することで、手術後のQOLは著しく向上し、社会復帰もできやすくなります。
 
 
【再建手術】
 
ガン根治のために切り取ってしまった臓器や器官を、新たに作り直す手術です。ガン手術による機能の障害や、外見上の変貌による心理的な負担は、患者さんの生活の質(QOL)を低下させます。食道ガンや舌ガンのように生命を保つため機能面からの再建するや、下顎ガンや乳ガンのように、手術後に外見上の変形変貌がを修正する再建があります。失われた臓器の器官の働きや、損なわれた外見を完全に取り戻すことは無理であっても、少しでも元の状態に近づけることによって患者さんのQOLは向上し、社会復帰に役立ちます。
 
 
【内視鏡手術・体腔鏡手術】
 
内視鏡的療法をご参照ください。



ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ