一般的なガンの治療

抗ガン剤

白金化合物

DNAと結合してガンの細胞分裂を阻害
【作用】
アルキル化剤に似ています。DNAと結合することにより、ガンの細胞分裂を阻害します。
白金製剤なので、いうなれば重金属を体内に入れるため、副作用には重篤なものがあります。
 
【副作用】
骨髄抑制、腎障害(特に注意)、ショック・アナフィラキシー症状、聴力低下、難聴、耳鳴り、脳梗塞、心筋梗塞、溶血性貧血、間質性肺炎、悪心、嘔吐、食欲不振、下痢、口内炎、しびれ、発熱など。
 
【代表的な薬剤】
シスプラチン、ブリプラチン


ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ