一般的なガンの治療

抗ガン剤

アルキル化剤

もっとも歴史の古い抗ガン剤
アルキル化剤は抗ガン剤としては歴史の古い薬です。もともと毒ガス研究の副産物として抗ガン剤になった経緯があります。生命にとって非常に重要な役割をするDNAと結合し、DNAの構造を変化させます。(アルキル化) この作用によってガン細胞の分裂・増殖を抑えます。濃度が濃くなるに従って効果があります。
 
【副作用】
重い副作用は骨髄抑制です。造血幹細胞(血液を造る細胞)の減少と骨髄形成不全によって感染症や大量出血が起こることがあります。その他の副作用としては下痢、口内炎、食欲不振、嘔吐、肝障害、腎障害、肺障害、脱毛、皮膚炎、発熱など。エンドキサンは出血性膀胱炎に注意する必要もあります。
 
【代表的な薬剤】
エンドキサン、テスパミン、マブリン、エスキノン、アルケラン、プロテクトン、ナツラン、イホマイド、ニドラン、ダカルバジン、サイメリン


ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ